契約者貸付とは何ですか?

怪我や病気などをして、急にお金が必要になってしまうという話は珍しくありません。
そこでお金の不足を何とか穴埋めするにしても、親や友人は頼りたくないという人が多いでしょう。
そこでキャッシングやカードローンという選択肢もあるのですが、もう1つ別の方法もあります。それが契約者貸付という制度です。
ここでは契約者貸付について考えていきましょう。

契約者貸付ってなに?

契約者貸付とは生命保険に加入している時に利用できる制度のことです。

生命保険に加入している場合、契約を解約した時に返戻金という返ってくるお金があります。この返戻金を担保にして、生命保険会社から融資を受けるのが契約者貸付という制度です。

この契約者貸付で受けられる融資というのは、およその範囲で決まっており、解約返戻金の7割~9割り程度だとされています。

詳しい金額については生命保険会社であったり、加入している生命保険の種類によっても変わってくるそうです。
当然の話ですが、契約者貸付の制度ではお金を借りていることになるので、借入額の返済にプラスして利息分の支払いも行っていくことになります。
この時に支払う利息の利率ですが、これは生命保険を契約した時の時期などで変わってくるそうです。
一般的には契約をした生命保険の予定利率に1~2%の上乗せをしたものだと考えてください。

予定利率が高い生命保険であれば、それだけ貸付利率も高くなってしまうので覚えておくと良いでしょう。
契約者貸付を利用する前には保険証券に予定利率が記載されていますので、確認しておくことをお勧めします。

契約者貸付ってキャッシングよりもお得なの?

同じお金の融資を受けるのなら、できるだけ金利が低い方がお得になります。
そこでキャッシングやカードローンの利率と比較して、契約者貸付はどうなのかという話を考えていきましょう。

基本的に生命保険保契約の予定利率というのは、そこまで大きな数字になることはありません。

一概には言えませんが例として、仮に予定利率が2%程度だったとしても、そこに金利分の2%が上乗せされても4%にしかならないです。

キャッシングやカードローンにおいて4%の利率とうのは、利用限度額の下限金利に相当するものなので、この利率で借入できることはほとんどないと言っても過言ではありません。
ですので、金利面からするとかなり有利であると言っても間違いないでしょう。
また返済にしても自由度が高く、毎月の返済だけではなく、ボーナス時にまとめて返済するなどの方法をとることができるのもメリットになります。

プロミス

関連記事

  1. ブラックリスト一旦載ってしまうと、その後は一切お金は借りられませんか?…

  2. 保証人はキャッシングやカードローンでは必要か?一般的な保証人について

  3. 信用情報機関についての基礎知識

  4. キャッシング・借金の一本化って何?

  5. 過去にキャッシングの審査で落ちていたら、他社で新たに申し込んでも審査通…

  6. カードローンの返済が遅れたら、すぐに利用停止されますか?

新着記事

新着記事

PAGE TOP