約定返済ってどんな返済方法か?

約定返済がどの様な返済方法なのか、あなたは理解されていらっしゃるでしょうか。約定返済とは、ローンなどの契約の際に、金融機関と取り決めた、返済方法の事を指します。

約定返済とその返済方法とは

契約を行う際に、例えば毎月何日に返済を行うのか、また金額はいくら返済するのかという事を取り決めておき、その通りに返済していくという形になります。基本的には金融機関の方でローン契約約款などが契約書に記載されていて、それに借入れを行う方が同意を行うという形で取り交わされる形が多いです。

金融機関とのローンでは、ほとんどのケースでこの約定返済が行われる形になりますが、その返済方法というのは、金融機関の方が各々に決めている事が多いので、それぞれに異なる場合が多いです。

特に気を付けたいのは返済日に関してで、特に引き落としなどとなっている場合、この際に引き落とし口座に返済額が入金されていなければ、返済が遅れる事になってしまいますから注意が必要です。

約定返済と約定弁済の違いは

この約定返済ととてもよく間違われるのが、約定弁済です。多くの方は、これらは同意語だと捉えて特に気にしていない場合が多いのですが、これらは正確には違う言葉になっています。

厳密に言いますと、約定返済というのは債権者が行わなければならない行為、という捉え方をしている言葉です。簡単にご説明すると借りた側が使う際の用語です。つまりあなたがローンで返済を行っている側の人間だとしたら、何月何日に役て返済を行った、という様な使い方をします。

これに対して約定弁済というのは、債務の消滅という側面から捉えた言葉となっています。簡単に言えば、貸している側、つまり金融機関側がそのローンの返済を受ける際に使う言葉なのです

つまり金融機関側が、約定弁済を行って頂いた、などという形で使用されるのというのが一般的となります。しかしこれらを使い分けなくても金融機関の方は気にしませんから、そこまで気にする必要は無いでしょう。

プロミス

関連記事

  1. キャッシングとは?まずはキャッシングの簡単な仕組みを把握しよう

  2. 元利定額残高スライドリボルビング方式とは?

  3. 良く聞くノンバンクって何?

  4. 知っておきたい貸出金利・貸付金利について

  5. キャッシングの審査時間はどの位かかりますか?

  6. 連帯債務についての基礎知識と注意点

新着記事

PAGE TOP