物的担保について気になる事のまとめ

借金の話でよく担保が必要になるなど、担保という言葉が登場します。この担保は借金をした人が返済をすることができない場合、お金を貸している側が回収できるようにするために設定するものです。

物的担保とは?どういうもの?

たとえば家を担保に設定した場合、返済ができない場合には家をお金を貸している側が、言い方は悪いですが奪い取ります。そしてその家を売却し、返済金に充てることになります。

また、担保を誰か人に設定した場合、返済ができなくなった場合には、お金を貸している側が設定した人に返済を請求します。担保を人に設定することは、保証人に設定することと同義といっていいでしょう。

なお、

家など物の担保のことは物的担保、人の担保のことは人的担保といいます。また、物的担保は必ず設定しなければいけないわけではありません。いまは小口のローンのほとんどは、物的担保を必要としない時代になっているのです。

物的担保が必要な契約は悪いことばかりではない

家、オフィス、工場などの物的担保を設定すると、最悪の場合には手放さなければいけなくなるリスクは確かにあります。返済ができなくなり、担保に設定した物を失ってもなお、借金が残ってしまい、債務整理を行わなければいけなくなることにもなりかねません。

しかしながら、これはあくまでも契約の履行、借金の場合は返済が行えなくなった場合の話です。物的担保の設定が必要なローンなどの場合、大口の融資を受けられるメリットがあります。担保や保証人が不要なローンなどの場合、契約の履行がなされなかった場合に回収ができなくなる事業者側のリスクがあるため、大口の融資自体が行われていないか、慎重になる場合が多いです。

しかしながら、

物的担保を必要とするローンの場合には、確実に貸したお金を回収することができると分かっているため、大口の融資に対応していたり、積極的に貸付けを行ってくれる場合が多いのです。

また、人的担保と比較して、保証人は設定している人自体が返済不能に陥る可能性がある分、回収の確実性で物的担保は勝る場合が多く、貸し付けを行う事業者側ではより重要視される傾向があります。

プロミス

関連記事

  1. カードローンは総量規制の対象になりますか?

  2. キャッシングで1日だけ借りて、翌日返済することは可能ですか?

  3. カードローンの返済が遅れると、勤め先や自宅に取り立てが来ますか?

  4. 短期金利 とは?短期金利の構造について

  5. 良く聞くサラリーマン金融・サラ金とは?

  6. 実質金利・上限金利とは?金利について知っておきたい

新着記事

PAGE TOP