債権についての知っておきたい基礎知識

キャッシング、カードローン、クレジットカードなどの契約では、お金を貸している側は債権者、借りている側は債務者といいます。

そして債権とは上記の契約に当てはめた場合、債権者が債務者に対し、返済を要求できる権利のことを意味しています。
この債権ですが、悪用する者がいる点にはくれぐれも注意しなければいけません。

債権回収と悪徳業者

お金を返さずにいると、電話で返済を請求されたり、督促状が届いたりし、対応しないでいると訴状が届いて給料の差し押さえなどが行われます。

この一連の流れのことを債権回収といいますが、実際に自分が借金をしている場合だけでなく、していない場合にも行われることがあります。

なんとも恐ろしい話ではありますが、これは法律上の欠点を突いて行われています。

債権回収会社を騙り、支払督促申立書を一方的に送り付けてくるのですが、無視を決め込んでいると差し押さえされてしまうのです。
借金をしている事実は支払督促申立書に対する受け取り側のリアクションで裁判所は判断するしかありませんので、適切に対応しなければお金を借りてもいないのに財産を奪われることになってしまいます。

偽債権回収会社に騙されないためにすること

支払督促申立書が届いた場合、前述したように無視をしていると差し押さえが行われてしまいます。

悪徳業者の被害に遭わないためには、異議申し立てをしなければいけません。

異議申し立てをすることにより、借金をしていないと裁判所に教えることができますので、被害を防ぐことが可能です。
架空請求や不当請求は無視が基本ですので、借りてもいないものに関する書類は廃棄し、無視してしまう気持ちは理解できます。

しかしながら、裁判所からの正式な書類の場合には、無視をしていると被害に遭ってしまうことになりかねません。
通常、特別送達の形で裁判所から書類は届きます。
電話やはがきで連絡がくることはありませんので、これはスルーして問題ありません。

もしも判断に困った場合には、弁護士、弁護士会、国民生活センター、消費生活センターに相談すれば、無視していいか悪いのかが分かります。

プロミス

関連記事

  1. 自己破産をしたことのある人でもキャッシングは出来ますか?

  2. 銀行系カードローンと消費者金融系カードローンの違いを教えて下さい。

  3. 派遣社員でもキャッシングで借り入れは可能ですか?

  4. 自動契約機で申し込みをしても、勤め先に在籍確認の電話はきますか?

  5. 知っておきたい優遇金利の活用場所と方法について

  6. ノンバンクとは何ですか?

新着記事

PAGE TOP