収入証明書とは何ですか?

何かしらの事情があって、急にお金が必要になったという時には、キャッシングが便利です。
そのキャッシングを申込する時に、必要になるかもしれないのが収入証明書になります。
しかし、収入証明書って給与明細とはどう違うの、と思う人もいるかもしれませんので、しっかりと理解しておきましょう。

収入証明書ってなんのこと?

キャッシングの申込をする時に、必要になることがあるのが収入証明書です。
所得証明書と呼ばれることもあるのですが、どちらも同じ書類になります。

  • その名称通り、自分の収入を証明するための書類のことです。一般的に源泉徴収票、給与明細、確定申告書などを指しています。

  • この中で、最も手に入れやすいのが源泉徴収票か給与明細でしょう。
    特にサラリーマンの人ですと給与明細ならすぐにでも用意できるかもしれません。
    ただ給与明細を用意する場合は、直近の何ヶ月分かが必要になるので、その点はしっかりと覚えておいてください。

    先月の分1枚だけ、先々月の分1枚だけというのでは通用しません。
    ここはキャッシング会社によって、どれだけ必要かが異なってきますので、事前に確認するようにしてください。
    自営業をしている人の場合ですと、課税証明書か確定申告書を用意しなくてはいけません。

    収入証明書ってどうして必要なの?

    • キャッシングにおいて収入証明書が必要になるのは50万円以上の希望額で申込をしているケースと、他社との借入合計が100万円を超えるというケースの2つがあります。

    • この2つで、どうして収入証明書が必要になるのかというと、法律で定められているからです。
      貸金業法の中には総量規制というルールがあるのですが、ここに記載されているのが、上で書いた2つの条件になります。
      50万円未満の希望額であるという場合は、収入証明書の提出が必要ではありません。
      ただし、専業主婦の人が申込をする場合は配偶者の収入証明書が必要になるというケースもあるので覚えておくと良いでしょう。

      ちなみに銀行が行っているカードローンではどうなのかという話をしますと、銀行の場合は根拠法となるのは貸金業法ではなく、銀行法という法律です。
      つまり、総量規制のルールを適用しなくてもすむので、基本的には収入証明書の提出は不要になります。

      ただし、銀行としても保証人なし担保なしでの融資となりますので、100万円を超える額を希望する人には収入証明書の提出書を求めているようです。
      銀行の場合はあくまでも目安であり、各銀行によって額は違ってきます。
      50万円以上でも必要になることもあれば、数百万円までは大丈夫ということもあるので、事前確認しておきましょう。

プロミス

関連記事

  1. 連帯保証人の仕組みと注意点

  2. キャッシングの申し込み時に収入証明書は必要ですか?

  3. キャッシングとカードローンの違いを教えて下さい。

  4. 総量規制とは何ですか?

  5. キャッシングを利用して借りたお金は、どのような方法で返済するの?

  6. ブラックリスト一旦載ってしまうと、その後は一切お金は借りられませんか?…

新着記事

PAGE TOP