返済方式とは何ですか?

キャッシングを利用する時に考えておきたいのが返済方式です。
返済方式とはどのような形で返済をしていくのか、その方法を決めたことだと考えてください。
この返済方式にはいくつかの種類があり、それによって利息のつき方などが大きく変わってくるのです。
ここでは返済方式について考えてみましょう。

返済方式にはどんなものがあるの?

返済方式には大きくわけると、元金均等返済方式、元利均等返済方式、リボルビング方式の3つがあります。

それぞれに特徴をみていきましょう。
元金均等返済方式は借入額を支払い回数で均等に割った金額を返済していくのが基本です。
ここに元金の残金に応じた利息が上乗せされることで、毎月の返済額が決まってきます。
つまり、借入をした初期というのは元金が多く残っているので利息が沢山ついてしまい、返済額は大きくなってしまうのです。

しかし、支払い回数が進んでいくのに従って元金が返済されていきますので、どんどんと支払うことになる利息も減っていきます。
この元金均等返済方式の特徴は、利息も含めた総支払額は小さくなるというものですが、反面で支払い当初は返済額が大きくなるデメリットもあります。

次に元利均等返済方式なのですが、こちらは毎月の返済額を固定にする方式です。
毎月1万円の返済などのように定額になるので、返済計画は立てやすいと言えます。
しかし、利息の充当をしてから残金を元金の返済に充てることになるので、どうしても元金の返済が遅れてしまいがちです。

結果、返済期間そのものが長くなってしまい、返済総額が増えてしまうというデメリットがあります。
リボルビング払いというのは、基本的にこの元利均等返済方式と似ているものだと考えてください。
一般的にキャッシングでは残高スライドリボルビング方式というものがとられています。
これは利用限度額の枠内であれば、いくらでも追加融資を受けられるのにあわせた返済方式です。

残高スライドリボルビング払いとは?

残高スライドリボルビング方式というのは、借入の残高に応じていくつかのランク分けをしている返済方式です。
ランクによって一定の返済額が決まっており、例えばですが10万円なら1万円、20万円なら2万円というような形になります。
この額はキャッシング会社によって異なるので覚えておくと良いでしょう。
つまり、多く借入すればするほど毎月の返済額が増えると考えておいてください。
ただし、最低限の返済額に設定されていることが多く、この返済額だけでは支払いが長期化することも珍しくありません。

プロミス

関連記事

  1. 貸金業規制法って昔と今はどう変わっている?

  2. 外国人(外国籍)でもキャッシングで借り入れは可能ですか?

  3. 個人信用情報で気を付けること

  4. 消滅時効とは?気になる消滅時効について

  5. 名義貸しについて知っておきたい事まとめ

  6. カードローンの返済が遅れると、勤め先や自宅に取り立てが来ますか?

新着記事

PAGE TOP