借入時残高スライドリボルビング方式とは何ですか?

キャッシングを利用する時に知っておきたいのが返済方式です。
返済方式にも色々とあるのですが、中でも代表的なものとしては残高スライドリボルビング方式と呼ばれるものでしょう。
他にも残高スライド式元利均等払いなどという呼び方もあります。
ここでは残高スライドリボルビング方式について考えてみましょう。

そもそも残高スライドリボルビング方式ってなに?

残高スライドリボルビング方式とは、上でも触れた通りに返済方式の1つです。
キャッシング以外にもクレジットカードの支払などでも利用されている方式で、ほとんどのキャッシング会社で採用しています。
まず最初にリボルビング方式というものから説明していきましょう。

リボルビング方式というのは毎月一定の額を返済する方式のことです。
この一定の額の中に利息の支払いと元本の返済が含まれています。
一般的には利息の支払いを優先し、残った金額が元本の返済に充てられる形です。
つまり、返済初期というのは利息の支払い分が多くなり、元本の返済が遅れてしまいますので、返済期間が長くなってしまいます。

その反面で、毎月返済する金額が一定であるというメリットがあり、返済計画が立てやすいと考えてください。
このリボルビング方式ですが、元利均等払いという呼び方をされることもあるので覚えておくと良いでしょう。

ここで問題になってくるのが、キャッシングでは利用限度枠を設けており、その枠の中ならいつでも利用できるという部分です。
一定の額を返済するのは良いですが、その返済額では利息の支払い分しか充当できないということになってしまえば、いつまでも返済が終わりません。そこで重要になってくるのが残高スライドという部分です。

この残高スライドというのは返済する金額が、借入残高にあわせてスライドしていくという方式となっています。

例えばですが10万円まで借入をした時は月に1万円の返済、20万円の借入なら月に2万円の返済というような形です。
この借入額に対する返済の額というのは各キャッシング会社によって異なりますので、その点は事前確認しておくことをお勧めします。

残高スライドリボルビング方式を利用する時のコツ

残高スライドリボルビング方式は、上でも書いたように返済額によっては、なかなか元本を減らしていくことができません。
ですので、長期間支払いをすることになるのが特徴です。
そこで少しでも総支払額を減らしたいのなら、随時返済を行って元本を減らしていくことが重要です。

お金に余裕がないときは無理をする必要はありませんが、余裕があるのなら随時返済を行って元本を減らすようにしてください。

プロミス

関連記事

  1. 遅延損害金・遅延利息で気を付ける事

  2. 保証人はキャッシングやカードローンでは必要か?一般的な保証人について

  3. 保証会社とは?お金を借りる時に知っておきたい現在の保証会社

  4. 商工ローンでお金を借りる条件は?

  5. リボルビング専用カードはどうやって使えるの?メリットとデメリット

  6. 弁済とは?気になる弁済について

新着記事

新着記事

PAGE TOP