短期金利 とは?短期金利の構造について

金融市場について深く調べていくと、よく知らない単語や専門用語というのは多数出てくるでしょう。
その中の一つに短期金利というものがあります。
一体この短期金利というのはどういったものなのか説明します。

短期金利とは

短期金利というのは、取引期間が一年未満の資金を借りたり貸したりする場合の金利の事を言います。
現実的には、一年ギリギリというよりも、数日から数か月といった機関の短期取引の場合の方が圧倒的に多いです。
日本の短期金融市場においては、具体的にはどういったものがあるのでしょうか。

これについては、日本で短期金利を採用しているのはTIBORや国庫短期証券利回り、それに東京レポレート、CP気配やCD気配、それにコールレートなどが存在しますが、最も代表的な短期金利の指標金利としては、無担保コール翌日物レートだと言えるでしょう。

あなたも使っているであろう、定期預金金利や普通預金金利に関しても、実は短期金利だという事が出来るのが最も身近な所です。

日本ではこれまで説明してきたとおりの内容となっていますが、多くの先進国などの中高銀行では、この短期金利を、金利を操作する為の政策金利という形で活用しています。
例えばアメリカではFFレートと、イギリスではレポレート、そしてユーロでは利ファイナンス金利といった形です。

短期金利と長期金利

短期金利と必ず対義語の様に出てくるのが長期金利です。
短期金利が取引期間一年未満だったのに対し、長期金利に関してはその取引期間が一年以上の資金の貸し借りという事になります。
この長期金利が低下すれば、住宅購入や設備投資といった、長期間の支払いが行われる勾配が活発になり、それによって景気が向上するという場合が多いのが特徴です。

日本では、代表的な指標金利として新発10年物国債の流通利回りなどがあります。

これは長期金融市場の動向を知るうえでとても大切な指標となっていますので、確実にチェックする事をお勧めします。

プロミス

関連記事

  1. 闇金とは何ですか?

  2. キャッシングの申し込み時に収入証明書は必要ですか?

  3. 無職でもキャッシングで借り入れは可能ですか?

  4. グレーゾーンとは?キャッシングで知っておきたいグレーゾーンについて

  5. 自己破産をしてからどのくらいでキャッシングを利用することが出来ますか?…

  6. アドオン率とは何ですか?

新着記事

PAGE TOP