無職でもキャッシングで借り入れは可能ですか?

無職だからキャッシングが利用できないと考える人は少なくありません。
ところが実は、無職でもいくつかの条件を整えていくことによってキャッシング利用ができるようにすることができます。
その条件とは、他社借入件数、申込みの仕方、そして無職でも自営業者になることですが、一つ一つポイントを見ていきましょう。

他社借入件数と同時申込み

無職でキャッシング審査に落ちてしまうのは、必ずしも仕事をしていないことだけが原因ではありません。
他にも副次的な要素があって、そうした要素が重なっているために落ちてしまうこともあります。
例えば、申込みを行った段階で、他社借入件数が多すぎることです。
他社借入、つまり他の会社からの借入件数と金額が許容範囲を超えていることです。
こういう申込者にお金を貸すのは業者としてもリスクが多すぎるので、しかもそれに加えて無職ということであれば、絶対に融資したいとは思いません。

  • ですから、借りる前に他社借入件数をできるだけ減らしておくようにしなければなりません。

  • また、キャッシングの申込みを行うとき、複数の会社に同時に申し込むのはリスクが大きすぎます。
    他の会社にも申込みをしたことはすぐにバレてしまいますが、短期間で複数の会社に借金の申込みをする人間は危険度が高いと判断されるので、審査に落とされてしまう確率が高くなります。

    • よってこれについても、キャッシングの申込みを行うときはできるだけ一社ずつにしましょう。

    • 無職が自営業になる裏技を利用する

      無職であることがどうしても審査落ちのネックになっているなら、ある方法を使って無職でなくなることができます。
      それは、インターネットオークションで何か物を売って取引を行うことです。
      ネットオークションで売買を行えばこれは立派な自営業になるので、職業を申告するときも無職ではなく、堂々と自営業と名乗ることができます。

      もちろんネットオークションのみならず、フリーマーケットで小銭を稼いでいる人も、それも立派な自営業者になります。

      • このようにして、職業を無職から自営業に変えることができれば、審査ではかなり有利になります。

      • ところで、フリーターを無職と同じだと思っている人もいますが、これはまったく違います。
        フリーターでも仕事をしていることはあり、例えばコンビニでアルバイトをしていてもそれがフリーターと呼ばれることもあります。

        このようにアルバイトでも何らかの仕事をしていれば無職ではないので、その場合はフリーターと記載して申込みを行いましょう。
        もちろん審査においても、無職よりフリーターのほうが有利になることはいうまでもありません。

プロミス

関連記事

  1. 銀行やコンビニのATMでキャッシングの申し込みはできますか?

  2. キャッシングで知っておきたい残高スライド方式

  3. 郵貯共有カードについての有益・基本情報について

  4. 一括返済をする方が良い?一括返済に関するメリット・デメリット

  5. バルーン返済方式ってどういう返済なのか?

  6. タイドローンって一体何?

新着記事

PAGE TOP