無担保・保証人なしでもキャッシングできますか?

住宅ローンでは担保や保証人が必要だから、キャッシングの場合もそれと同じように担保や保証人が必要。
もしかしたらこう思っている方もおられるかもしれませんが、それはまったくの誤解といわなければなりません。
実はキャッシングの場合は、無担保・保証人なしで利用することができます。
なぜそれが可能になるのか、その理由をこれから説明していきたいと思います。

キャッシングは無担保・無保証でも利用できる

この点については一点の曇りもなくはっきりこういうことができますが、キャッシング及びカードローンは、無担保・保証人なしで借りることができます。
消費者金融系のみならず銀行系でもそれが可能になるところがあり、今ではむしろ普通のことだといってもいいでしょう。
担保もなくて保証人も必要としないなんて、逆に怪しいのではないかと思うかもしれませんが、そのためのリスク管理は業者のほうでもちゃんとやっています。

例えば、そもそも返済不能に陥る可能性の高い人間には貸さないようにすることです。
これは審査の段階で選り分けを行っていますが、あらかじめ貸出リスクの少ない人を選考して融資しているので、返済できない人が出てくる心配があまりないのです。
また消費者金融の場合は、総量規制によって借入限度額があるので、最初から高額融資ができないことも一つのリスクマネージメントになっています。

このように事前に予防措置がとられているので、無担保・無保証でもキャッシングが利用できるのです。
それどころか今や、契約したその日にお金を受け取れる即日融資も普通になっています。

無担保・無保証人でも借りられる理由

なぜ無担保・無保証でキャッシングが利用できるのか、その理由を詳しく知っておけばさらに安心利用できるでしょう。

一つ大きな要因となっているのは、消費者金融などにおいては、銀行を保証人に置いているということがあります。

何かトラブルがあっても銀行の資金力を後ろ盾にすることができるので、その保証力によって無担保・無保証が実現できているという面もあります。

そしてもう一つは、利用者に審査を行うことで、ちゃんと本人の返済能力を見極めていることもあります。

審査を行ってちゃんと返済できる見込みのある人間にしか利用を認めていないので、よほどのことがない限り返済不能にはならないというわけです。

キャッシングの審査では、本人の収入、勤務先、加入保険、過去のキャッシング履歴、事故情報などがチェックされます。

プロミス

関連記事

  1. キャッシングに関する日割り計算で知っておくべき情報

  2. 多重債務者と認定されるのはどういう条件ですか?

  3. 破産宣告したらその後はどうなるのか?

  4. キャッシングの審査時間はどの位かかりますか?

  5. グレーゾーンとは?キャッシングで知っておきたいグレーゾーンについて

  6. 検索の抗弁権って何?どういう時に使える?

新着記事

PAGE TOP