キャッシングのよくある悪徳業者

キャッシングで悪徳業者に騙されたというケースは、違法な闇金業者からの借金そのような場合がよくあるものでした。
基本的に貸金業というのは、法律でいろいろと制限されていますから、悪質な商売は出来ないものです。

たとえ国や都道府県への登録がされている正規の貸金業者でありながらも、悪徳な金貸しをしているならばそのまま営業を続けることは難しいです。
ですので正規の貸金業者をキャッシングに利用するのであれば、悪徳業者に騙されることには繋がりにくいです。

違法な利息を付ける悪徳業者からの借金

キャッシングの悪徳業者として、よくあるのは違法な闇金業者ですが最近ではその実情も変わりました。
以前ならば悪徳業者である闇金からお金を借りる場合、法外な利息を付けられての借金となっていました。

利息分に関しては、トイチやトサンといった具合に10日毎に元金の何割かが利子とされ数年前では10日で5割が主流でした。

悪徳な闇金からのキャッシングの場合、あれよという間に利息分が膨らみますから返せない金額まで借金が簡単に増えてしまうものでした。

そのため闇金業者にお金を搾り取られた挙句に、何も残らないことが多かったのです。
現在ではむしろ始めからお金を返せない人ばかり寄って来やすいことで、闇金業者も店じまいという場合が多いです。

お金を貸すつもりもない悪徳業者の存在

現在のキャッシングでの悪徳業者の手口としてよくあるのは、お金を貸すことさえもしないといったものです。
その点では闇金というよりも、金貸しを装った詐欺と呼ぶべきかもしれません。

最近多い手口では、携帯電話やスマホの契約を申込者にさせて、それを買取る形でお金を出すものであったり、もしくは買取業者に売り付け、手数料との名目で見返り分引いた上で代金を渡すといったものです。

ひどいところだと携帯やスマホを受け取った時点で代金も払わずに音信不通になるケースも見られます。

昔から、お金を貸すフリをしてお金を騙し取る悪徳業者は存在していました。
以前に比べて詐欺業者も増え遭いやすくなってしまっているのが現状です。

キャッシングしようと申込したものの全然関係ない話をされるのであれば、お金を貸す気もない悪徳業者の疑いが強いと考えるべきです。

プロミス

関連記事

  1. どのくらい返済が遅れると、ブラックリストに載りますか?

  2. キャッシング審査に落ちる原因を教えて下さい。

  3. 期限の利益っていったい何?

  4. クレジットカードのキャッシング枠とカードローンとの違いは何ですか?

  5. 連帯債務についての基礎知識と注意点

  6. クレジットカードのコーポレートカードって何?

新着記事

PAGE TOP