クレジットカード・キャッシングにおけるホワイト情報とは?

個人信用情報機関に登録されている延滞、不払い、自己破産などの事故記録のことをブラック情報と呼びます。そしてこれに対し、

  • 事故記録が全くない個人信用情報機関に登録されている記録のことをホワイト情報といいます。
  • ホワイト情報に関する誤解

    ホワイト情報はクレジットカードやキャッシングなどの利用開始時の審査で有利になるという情報があります。実際に見聞きしたことがある人もいるのではないでしょうか。

    しかしながら、実際には有利になるというのは厳密にいうと正しくありません。ブラック情報のように問答無用で審査に落ちるなど、著しく不利になることはありませんが、確実に審査に通るようになるなど、極端に有利になることもないのです。

    審査の際にはブラック情報がないか調べられますが、あとは申し込み者の収入など支払い能力の有無が重要視されますので、ブラック情報が載らないように注意しておけば、ホワイト情報にしようと躍起になる必要性はあまりないといっていいでしょう。

    キャッシング、クレジットカードの利用で有利になる「かもしれない」ケース

    ホワイト情報がクレジットカードやキャッシングの利用時に極端に有利になることはないと述べましたが、多少は有利になる可能性はあります。信用情報機関には一定期間にわたり実にさまざまな情報が載りますが、クレジットカードやキャッシングをよく利用していて、なおかつしっかりと返済を続け、完済しているような場合は有利になる可能性があります。

    まったく利用履歴のない人より、利用履歴のある人のほうが有料顧客になる可能性が融資をする側としては感じられますし、全てしっかり完済していることが分かると、返済義務を果たしてくれる、支払い能力がある人だと判断されやすいからです。

    ただし、ブラック情報が一切なくても、現在契約中の債務が複数ある場合には多重債務者として認識されてしまいますので、新規の契約の際に受ける審査では不利になってしまう可能性が高いでしょう。

プロミス

関連記事

  1. プラチナカードってどんなカード?基本情報まとめ

  2. 派遣社員でもキャッシングで借り入れは可能ですか?

  3. メールローンって?よく聞くメールローンについて

  4. 実質年率とは何ですか?

  5. おまとめローンとは何ですか?

  6. カードローンを利用すると、いくらまでお金を借りられますか?

新着記事

PAGE TOP