金利優遇幅について知っておきたい事

金融業界の用語の一つに、金利優遇幅というものがあります。
今後お金を借りる機会が訪れる可能性がある人は、この用語のことを正確に理解しておくと、事業者選びをする際の情報収集などで役立ちます。
以下に分かりやすくまとめていますので、参考情報としてお役立ていただけると幸いです。

金利優遇と金利優遇幅、店頭金利

まず金利優遇幅のことを説明する前に、金利優遇とはなんぞやという問題が出てきます。
言葉の雰囲気で何となくイメージできている人もいるでしょうが、金利優遇というのは通常の金利より低金利でお金が借りられるサービスのことです。

また、金利優遇幅について解説する前に、店頭金利とは何かを理解しておくと分かりやすくなります。
店頭金利は通常金利といわれることもありますが、一例として何か家電製品があるとしましょう。
この家電製品にはメーカー希望小売価格や定価が設定されていますが、店頭金利や通常金利はこのメーカー希望小売価格や定価のことだと思っておいてください。

一方、金利優遇というのは家電製品が割引になったものと思っておくと分かりやすいでしょう。

  • そして金利優遇幅ですが、これは金利優遇が適用された場合のパーセンテージから店頭金利のパーセンテージをマイナスしたパーセンテージのことです。

  • 店頭金利が20%で金利優遇が10%の場合、金利優遇幅は10%ということになります。

    金利優遇の種類

    金利優遇幅のほかに一緒に把握しておきたいこととして、金利優遇の種類が挙げられます。
    通期優遇と当初優遇の2種類が、金利優遇にはあるのです。

    • 通期優遇というのは、金利優遇が完済するまで継続する特徴があり、当初優遇は一時的に金利優遇が適用される特徴があります。

    • 当初優遇の契約の場合、期間が終了すると金利が高くなり、返済負担が増してしまう点に注意しなくてはいけません。

      なお、金利優遇の割引率に関してですが、事業者によって違いがあります。
      当初優遇がどれだけ継続するのかの長さも同様に、事業者ごとに違いがありますので、事前の確認が必要です。

プロミス

関連記事

  1. 学生でもキャッシングで借り入れは可能ですか?

  2. 知らないと危険?根保証ってどんな保証?

  3. ネットキャッシングとは何ですか?

  4. おまとめローンとは何ですか?

  5. 債務不履行って?不履行になると通常はどうなるの?

  6. お金を借りられない?ブラックリストって一体何?

新着記事

PAGE TOP