事業者向けビジネスローンなら
ビジネクスト
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓






ビジネスローンの即日融資について

ビジネスローンの即日融資手続きについて

個人事業主の方や経営者の方が、急に事業資金が必要になった際に、まず考えるのは取引銀行からの融資だと思います。

もちろん取引銀行から低金利での貸し付けをすぐに受けられるのであれば、それが1番良い方法かもしれません。
しかし、銀行の融資を受けるためには、審査に一定以上の時間が掛かります。

そのため急いでお金が必要という場合であっても、即日融資を受けるというのは、ほぼ不可能であると考えられます。
そこで今回こちらでお勧めするのは、即日融資が可能なビジネスローンです。

ビジネスローン即日融資の審査の流れ

まず、ビジネスローン即日融資の審査がどのような流れで行われるか、初めての方にもおわかりいただけるように説明して行きたいと思います。

利用までの流れ

おおまかな流れは次のようになります。

  1. WEBで申し込みフォームに必要事項を入力。
  2. 入力情報による仮審査が行われ結果が連絡。
  3. 必要書類をメールまたはFAX等で提出。
  4. 提出書類をもとに本審査が行われ結果が連絡。
  5. 契約⇒融資。

このように、基本的にビジネスローンの申し込みはWEBで行います。
ビジネスローンの会社によっては、提出書類はデータのアップロードで行なう所もあります。
また中には店頭での手続きが必要なケースもあります。
審査結果の連絡は、多くの場合メールまたは電話で行なわれます。

ビジネスローンの審査に必要な書類

ビジネスローンの審査には、次のような書類が必要となります。
会社により求める書類が異なりますので、この全てが必要ではない場合もあります。
事前にどの書類が必要かを確認し、準備しておくとスムーズです。

法人の場合
  • 代表者本人を確認する書類
  • 決算書
  • 年収を確認できる書類
  • 登記事項証明書等
個人事業主の場合
  • 本人を確認する書類
  • 確定申告書
  • 経営状況申告書
  • 資金計画書
  • 事業計画書等

即日融資が出来るビジネスローンと出来ないビジネスローンの違い

ビジネスローンの会社には、即日融資が出来るところと、そうでないところがありますが、その違いは何でしょうか。

即日融資が出来る会社を見てみると、大手消費者金融の会社がほとんどである事がわかります。
大手消費者金融の会社は、審査に「スコアリングシステム」を導入しています。

これは申し込み情報により、コンピューターが審査を行なうシステムです。
機械で行う事により、大幅に審査に掛かる時間は短縮され、それにより即日融資が可能となっているのです。

一方の即日融資が行えない会社は、中小の消費者金融です。
スコアリングシステムの導入には多くのコストがかかるため、中小の消費者金融では人の手によるアナログな審査が行われています。
そのため審査に時間が掛かり、即日融資を行う事が出来ないのです。

ビジネスローンの金利

即日融資が可能なビジネスローンの金利を比べてみたいと思います。

金融機関・商品名実質年率
ビジネクスト (ビジネスローン)利用限度額100万円以上:8.0%~15.0%
利用限度額100万円未満:13.0%~18.0%
オリックスクレジット (VIPローンカードビジネス)50万円コース:8.0%~17.8%
100万円~500万円コース:6.0%~14.9%
ユニーファイナンス (事業者ローン)12.00%~17.95%
エス・ジー・ファイナンス (ビジネスローン)6.8%~12.65%
ニチデン (事業者ローン)5.5%~17.52%
アコム (ビジネスサポートカードローン)12.0%~18.0%
プロミス (自営業者カードローン)6.3%~17.8%

このように、金利(実質年率)は、金融機関によって大きく異なっています。

ビジネスローンの利用限度額

事業資金でお金が必要なわけですから、ある程度まとまった金額を借りたいとお考えの方が多いと思います。
そこで、ビジネスローンの会社の借入限度額を比較してみたいと思います。

金融機関・商品名借入限度額
ビジネクスト (ビジネスローン)1万円~1,000万円 (新規の場合上限500万円)
オリックスクレジット (VIPローンカードビジネス)50万円~500万円
ユニーファイナンス (事業者ローン)ビジネスローン:~200万円
スーパービジネスローン:100万円~1,000万円
エス・ジー・ファイナンス (ビジネスローン)最大5,000万円
ニチデン (事業者ローン)50万円~1億円
アコム (ビジネスサポートカードローン)1万円~300万円
プロミス (自営業者カードローン)300万円

このように金融機関によって、借入限度額も大きく異なります。
数百万円のところもあれば、1億円のところもあります。
ただし審査結果によっては、上限額まで借りられるとは限りませんので、事前の確認が必要です。

お勧めの即日融資が可能なビジネスローン

こちらでは即日融資が可能な、お勧めのビジネスローンの会社をご紹介します。

ビジネクスト

契約の実績が豊富で、個人事業主や経営者からの口コミ評価が高いビジネクストは、大手消費者金融の会社のアイフルグループであり、安心して利用出来ます。

たとえ赤字決算であっても、1年以上の業歴があれば融資が可能かどうかの検討をしてくれます。
初めてのビジネスローンの方や審査に通るか不安な方にもお勧めの会社です。

融資対象法人または個人事業主で、申込時年齢が満20歳~満69歳まで
審査時間即日
融資額50万円~1,000万円
金利(実質年率)利用限度額100万円以上:8.0%~15.0%
利用限度額100万円未満:13.0%~18.0%
遅延損害金(実質年率) 20.00%
担保不要
保証人原則不要 法人の場合は原則代表者が連帯保証人になる
返済方式・返済期間・回数元利均等返済:最長5年、60回以内
元金一括返済:最長1年、12回以内
必要書類【法人】
・ 代表者本人を確認する書類・決算書・その他必要に応じた書類
【個人事業主 】
・本人確認書類・確定申告書・所定の事業内容確認書・その他必要に応じた書類
申込方法WEB・電話
契約締結時費用印紙代(実費)

オリックスクレジット

WEBで全ての手続きが完了するので、店舗に足を運ぶ時間がない、お忙しい事業主や経営者の方にお勧めのビジネスローンです。
審査時間は最短で60分です。平日の14時30分までに契約が完了すれば、即日融資も可能です。

また他のビジネスローンに比べ、提出書類が少ないのもポイントとなります。
会員限定サービスや相談デスクなどの各種サービスも充実しています。

融資対象 20歳~69歳 業歴1年以上の個人事業主または、法人格を有する事業の代表者
審査時間最短60分
融資額50万円コース・100万円コース・200万円コース
・300万円コース・400万円コース・500万円コース
金利(実質年率)50万円コース:8.0%~17.8%
100万円~500万円コース:6.0%~14.9%
遅延損害金(実質年率) 19.90%
担保不要
保証人不要
返済方式・返済期間・回数リボルビング払い:最長10年2ヶ月、122回払い
※ご利用可能枠の範囲内で繰返し借り入れた場合、
利用残高が変動するため返済期間、返済回数は変動
1回払い:28日~61日(利用日による)
必要書類本人確認資料・収入証明書
申込方法WEB・電話
契約期間 1年毎の自動更新

エス・ジー・ファイナンス

他のビジネスローンと比較して、借り入れ額の上限が高く設定されており、尚且つ金利が低く設定されています。
審査時間も最短で30分とスピーディーな事も特徴です。

金利が低い事もあり、必要書類は多くなりますがまとまったお金を急ぎで必要な経営者の方にはお勧めのビジネスローンです。

積極的に事業展開している会社を応援するビジネスローンでもあるので、事業拡大に資金が必要なケースで特に期待が出来ると言えます。

融資対象法人代表者または個人経営者
審査時間最短30分
融資額300万円~5,000万円
金利(実質年率)6.8%~12.65%
遅延損害金(実質年率) 20.00%
担保原則不要
保証人原則不要
返済方式・返済期間・回数元利均等・自由返済 最長30年、360回以内
必要書類本人確認書類・決算書2期分・法人登記簿など
申込方法WEB・電話

まとめ

ビジネスローンについてご説明しましたが、実際に利用する際にはメリットとデメリットがある事を、良くご理解された上でお申し込みをなさっていただきたいと思います。

ビジネスローンの大きなメリットのひとつは、即日融資が可能だという事です。
銀行は即日融資が出来ないので、それに比べて最短で30分で審査結果が出るビジネスローンは大変利便性が高いといえます。
また銀行と比べて審査に柔軟性がある事も、魅力の一つです。

一方、デメリットと言えるのは金利が高い事、そして即日融資が可能なビジネスローンの会社が少ない事です。
銀行の金利相場の2.0%~5.0%に比べると、ビジネスローンの金利は高く設定されています。
またビジネスローンを扱う会社は多くありますが、即日融資が可能な会社はそれほど多くありません。そのため選択肢は少ないと言えます。

以上の事から、ビジネスローンはどうしても急ぎで事業資金が必要になった方や、銀行の審査に通らない可能性がある方にはお勧めの手段だと言えると思います。
逆に金利の事だけを考えれば、銀行での借り入れの方がお勧めです。
このようなメリットデメリットを理解した上で、ご利用いただきたいと思います。

プロミス

関連記事

  1. 即日キャッシングですぐに借りる方法

  2. キャッシングは、いつもOK!24時間即日融資を申し込む方法

  3. 2018年1月以降銀行カードローンは即日融資不可

  4. おまとめローンの審査や手順について【低金利でまとめる、おすすめの方法】…

  5. 他社借り入れのある方の即日融資

  6. 即日融資が低金利で可能なキャッシング

新着記事

新着記事

PAGE TOP