キャッシングやカードローンで収入証明書なしで即日融資を受けるには

収入証明書なしで即日融資を受けられる?

消費者金融の会社で融資を受けるための申し込みをする際には、基本的に収入証明書が必要になります。
しかし一定の条件が揃えば、収入証明書を用意しなくても即日融資を受ける事は可能です。
こちらでは、その条件や収入証明書について、詳しく解説いたします。

収入証明書なしで借りる条件

収入証明書なしでキャッシングやカードローンを利用してお金を借りる条件は、次の2つです。

  • 借入希望額が50万円以下。
  • 他社での借入と、今回の借入希望額を合わせて100万円以下。

これは貸金業法で決められている事です。
ですから貸金業法に基づいて営業している消費者金融の会社に適用され、銀行法が適用される銀行系の借入ではこの条件は当てはまりません。
多くの場合、銀行でお金を借りる際には、金額の多少にかかわらず収入証明書を求められるようです。

収入証明書ありなしの各メリット・デメリット

収入証明書を提出するケースとしないケース、それぞれについてメリットとデメリットを考えてみましょう。

収入証明書を提出するケースのメリット・デメリット

収入証明書を提出した方が、高額の融資を受けられる可能性は高くなります。
ただし、総量規制という法律によって本人の年収の3分の1以上の金額はそもそも借りられません。

メリット
  • 50万円以上借りられる可能性がある。
  • 返済能力に合った借り入れが出来る。
  • 年収が多ければ、最大の借入限度額まで借りられる。
  • 借入限度額の増額を希望出来る。
  • 収入証明書が勤務先の在籍確認の代わりになる場合もある。
デメリット
  • 収入証明書を用意するのに手間が掛かる。
  • 収入証明書を用意しても、希望額を借りられない事もある。
収入証明書を提出しないケースのメリット・デメリット
メリット
  • すぐに申し込みが出来る。
  • 収入証明書を用意する手間が掛からない。
  • 少額の借り入れに良い。
デメリット
  • 50万円以上は借りられない。
  • 他の会社からの借入と合わせて100万円以上は借りられない。

収入証明書に使える書類

収入証明書として使える書類には、次のようなものがあります。

  • 所得証明書・課税証明書
  • 源泉徴収票
  • 給与明細書
  • 確定申告書

これらのうち、いづれか1通を用意する必要があります。
それぞれについて、もう少し詳しく説明します。

所得証明書・課税証明書

1月1日から12月31日までの、1年間の所得が記載される書類です。
所得額と課税額が記載されています。

源泉徴収票

1月1日から12月31日までに、会社などから支払われた給与や賞与の合計額や、控除された税金の額などが記載されている書類です。

給与明細書

勤務先から支払われる給与の明細書です。
基本的には支給項目と控除項目、振込額などが記載されています。
直近2か月分と、あれば賞与明細1年分の提出を求められる事が多くなります。

確定申告書

個人事業主などの方が、1月1日から12月31日までに得た収入や経費などを、翌年の2月から3月の確定申告の期間に税務署に届け出た時の申告書です。

収入証明書の入手先

収入証明書は、直近のものを用意する必要があります。

書類の種類入手先
所得証明書・課税証明書各市区町村役所の窓口
※その年度の1月1日に住民票がある市区町村で発行されます。
源泉徴収票勤務先の担当部署
※一般的には12月の給与が支払われる際に作成され、会社から渡されます。
万が一紛失しても、会社の担当部署で再発行が可能です。
給与明細書勤務先の担当部署
※一般的には毎月の給与の支払いと同時に渡されます。
確定申告書税務署・WEBからダウンロード
※確定申告書は税務署に提出してしまうと手元には残りません。
ですから必ず控えを作成し、その控えに受付印をもらっておきましょう。
受付印がないと、所得証明書として認められません。
控えを作成しなかった場合、後から取り寄せられますが、収入印紙代300円が必要です。
また送付までに1か月ほどを要する事もあるようです。

収入証明書なしでの即日融資にお勧めの消費者金融

収入証明書なしで即日融資を受けられる、大手消費者金融のキャッシング・カードローンをご紹介します。

少しでも低金利で借りたければプロミス

プロミスは他社と比べて、若干上限金利が低く設定されていますので、少しでも低金利で借りたい方にお勧めです。
申し込みから審査、融資までのスピードも早く、借り入れ方法も多様です。

申込み受付時間24時間365日
審査に掛かる時間最短30分
審査対応時間9時から21時まで
契約方法WEBまたは来店
必要書類本人確認書類・所得証明書
所得証明書が必要な条件プロミスの利用限度額が50万円を超える方
プロミスの利用限度額と他の賃金業者からの借入合計が100万円を超える方
借り入れ方法振り込み・店舗・プロミスATM・提携ATM・チャージ(三井住友VISAプリペイド)・プロミスコール(電話)
融資までの時間最短1時間
借入限度額1~500万円
利息フリーキャッシングプランの場合、借入利率4.5%~17.8%(実質年率)
主な提携先三井住友銀行・ゆうちょ銀行・ゆうちょ銀行・イーネット・ローソンATM・セブン銀行・クレディセゾン・Loppi・Famiポート
※利用手数料が必要

審査通過率が高いアコム

アコムは他社に比べ、審査通過率が高い傾向にあります。
そのため審査に不安がある方にお勧めします。

申込み受付時間24時間365日
審査に掛かる時間最短30分
審査対応時間9時から21時まで
契約方法インターネットまたは来店
必要書類本人確認書類・所得証明書
所得証明書が必要な条件アコムの利用限度額が50万円を超える場合
アコムの利用限度額と他の貸金業者からの借入合計額が100万円を超える場合
借り入れ方法 振り込み・アコムプッシュホンサービス・担当者受付・店舗・ATM・提携ATM
融資までの時間最短即日
借入限度額1~800万円
利息3.0%~18.0%
主な提携先三菱UFJ銀行・セブン銀行・イーネット・ローソンATM・イオン銀行・ゼロバンク・クレディセゾン
※手数料が必要

借り入れ初心者におすすめのアイフル

アイフルは総合的に見て評価が高く、初めて借り入れをする方にお勧めです。

申込み受付時間24時間365日
審査に掛かる時間最短30分
審査対応時間9時から21時まで
契約方法インターネットまたは来店・電話
必要書類本人確認書類・所得証明書
所得証明書が必要な条件アイフルの利用限度額が50万円を超える場合
アイフルの利用限度額と他の貸金業者からの借入合計額が100万円を超える場合
就業状況の確認等、審査の過程で提出が必要になる場合
借り入れ方法アイフルATM・提携CD/ATM・振込予約(インターネット・フリーダイヤル)・アイフル店舗
融資までの時間最短1時間
借入限度額1~800万円
利息3.0%~18.0%
主な提携先セブン銀行・イオン銀行・三菱UFJ銀行・西日本シティ銀行・イーネット・ローソンATM・イオン銀行・親和銀行
福岡銀行と熊本銀行は借入のみ
FamiポートとLoppiは返済のみ
※手数料が必要

まとめ

収入証明書の提出なしで消費者金融からお金を借りるためには、50万円以下の借り入れ希望か、他の会社からの借り入れを合わせて100万円を超えない必要があります。

ただし、もし条件に当てはまったっとしても、返済能力が低いと判断されると、収入証明書の提出を求められる事もあります。
そういったケースで、もし書類の用意がすぐに出来ない場合には、即日融資を希望したとしても出来ない事になってしまいます。

また消費者金融の会社によっては、給与明細書などの提出により、在籍確認を省略するところもあります。
在籍確認の電話を掛けてほしくないという方は、そういった会社を選ぶという選択肢もあります。

監修者のアドバイス

お金を借りる場合、何より信用力が大きなポイントとなります。収入証明書が不要なケースもありますが、できるだけ提出できる用意はしておきたいですね。
総量規制は「借りられる額」ではなく、「それ以上は返済が難しくなる額」だと認識しておくことも大切です。

監修者プロフィール

プロミス

関連記事

  1. 即日融資を受けたいと思っても闇金は使ってはいけない理由

  2. 自己破産する際の準備や手続き・申請方法

  3. 即日キャッシングですぐに借りる方法

  4. キャッシングは土日でも即日融資は可能?

  5. 2018年1月以降銀行カードローンは即日融資不可

  6. 即日融資が低金利で可能なキャッシング

新着記事

新着記事

PAGE TOP