事業者向けビジネスローンなら
ビジネクスト
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓






2018年1月以降銀行カードローンは即日融資不可

2018年1月以降銀行で即日融資が不可能になった事について

2018年の1月以降、日本国内の銀行では申し込み日当日にお金を借りる、いわゆる「即日融資」が出来なくなりました。

具体的にどういった内容で、そのような影響があるのか解説したいと思います。

これまでの銀行と消費者金融の比較

まずは2018年1月以前、要するに2017年12月までの、銀行カードローンと消費者金融カードローンの違いを見てみましょう。

 2017年12月までの銀行カードローン消費者金融
対象者収入のある方、配偶者に収入のある主婦(主夫)収入のある方
貸付限度額審査により決定年収の3分の1以下
審査により決定
金利低め高め
審査厳しめ・早いところで即日緩め・即日が多い
その他銀行の窓口・WEBなどで申込み可能店頭・無人契約機・WEB
などで申込み可能

こちらの2つの大きな違いは、融資対象者と貸付限度額です。
2017年12月以前、銀行カードローンは、専業主婦(主夫)の方でも、配偶者に一定の収入があれば融資が受けられました。

また、年収の3分の1以上を貸してはいけないという総量規制の適用を受けない銀行では、貸付限度額の上限は独自に設定していました。

このように、2017年12月までの銀行カードローンは、消費者金融に勝るとも劣らないほどの、使い勝手が良いカードローンだったのです。

銀行カードローンの即日融資が出来なくなった理由

銀行カードローンで即日融資が出来なくなった理由には、次のような事が挙げられます。

理由1 過剰貸し付けによる返済不能者の増加

先程も述べましたが、銀行は総量規制の適用外なため、審査に通れば年収に関わらず希望額を貸す事が可能です。

元々総量規制というのは、消費者金融等貸金業者からお金を借り過ぎる多重債務や債務過多を防ぐために作られた法律です。

その総量規制の対象ではない銀行では、返済能力を超える額の貸し付けを行う事が出来るため、その結果債務整理が必要な利用者が増加しました。

理由2 スピード審査による審査の見落とし

銀行カードローンに審査の申し込みをした場合、銀行内の簡易な審査の後、保証会社が本格的な審査を行います。

保証会社は銀行のグループ会社を使うケースや、または信販会社や消費者金融を使うケースがあります。いずれにしても保証会社の審査が通れば、銀行は融資を行います。

しかし次第に、審査のスピード重視の傾向が強まって行き、一部銀行で反社会的勢力に貸し付けを行ってしまうという事態が発生してしまったのです。

反社会的勢力とは、いわゆる暴力団や総会屋など、暴力や威力、詐欺的な手法で、不当な要求行為等を行い経済利益を追求する団体や個人の事です。

審査や融資までのスピードは消費者金融と同等で、しかも貸付限度額に総量規制が影響しない銀行のカードローンでは、貸付額の増加を目指す余りに、過剰な貸し付けや審査の甘さなどのトラブルや危険が生じていたのです。

これらを受け、全国の銀行で2018年1月以降、即日審査や即日融資が停止になりました。
過剰な貸し付けに対しては、「貸付自粛制度」の導入も決まりました。

貸付自粛制度とは

本人やその家族が、浪費の習癖やギャンブル依存症などで生活に支障が生じる恐れがある場合などに、本人や家族が金銭の貸し付けを自粛対象者として申告する事で、個人信用情報にその旨が記載され、一定期間審査に通さないように出来る制度です。

銀行カードローンが即日融資不可になるメリット

借り過ぎの防止

即日融資が出来ると、よく考えずに勢いで借り入れを行ってしまう可能性があります。

しかし融資までにある程度の時間が掛かれば、その間に冷静になる時間が持てる事になります。
他の資金調達方法はないか、本当に必要な資金なのか、また金額は妥当なのか等、今一度考える事で、借り過ぎを防止する事が出来ます。

丁寧な審査で適正な貸し付け

即日融資を辞める事で、審査はより慎重に丁寧に行われるようになります。
他社から借り入れやその人の年収などをしっかり見極め、適正な貸し付けを行う事が出来ます。

銀行カードローンが即日融資不可になるデメリット

すぐに資金調達が出来ない

それまでの銀行カードローンは、消費者金融よりも金利が低めに設定されている上に、即日融資が可能という点が大きなメリットとなっていました。

また消費者金融を利用する事に抵抗を感じる方でも、銀行から借りるのであればハードルが低く、利用しやすいというメリットもありました。

しかし即日融資が出来ない事になると、急いでお金が必要な方は銀行カードローンが利用出来ないという事になります。

審査が以前よりも厳しくなる

銀行カードローンでの過剰な貸し付けを防止するため、貸付残高を月次に各銀行が公表する事になりました。
それによって、カードローン発行数に影響が出る事が予想され、審査が厳しくなる可能性があります。

さらに、銀行カードローンではこれまでの手順に加え、申込者の情報を警察庁のデータベースに照会するという手順が審査に追加されました。
これにより、申込者が反社会的勢力との繋がりがないか確認が行われます。

収入がない専業主婦への打撃

消費者金融では年収の3分の1以上のお金を貸してはいけないという総量規制により、収入が0円である専業主婦(主夫)はお金を借りる事が出来ません。

一方の銀行カードローンは総量規制の適用外なので、配偶者に収入があれば専業主婦(主夫)でも、お金を貸すという銀行もあります。

しかし銀行カードローンの即日融資が不可能になった事により、専業主婦(主夫)の方が申し込んだその日にお金を借りる手段はなくなり、大きな打撃を受ける事になります。

銀行カードローンでお金を借りるまでに掛かる日数

2018年1月から、銀行カードローンの即日融資は出来なくなっています。
では借り入れまでに、一体どの程度の日数が必要なのでしょうか。

審査の段階で信用情報機関への照会はこれまで通り行われますが、それに加え警察庁のデータベースに照会を行なうというのは先程お話しました。

その作業に必要な時間は、数日以上と言われています。
そのため実際に銀行カードローンでお金を借りるまでには、数日から1週間以上は掛かると見ておく必要があります。

銀行カードローン以外での即日融資

銀行カードローンで即日融資が出来なくなった代わりに、即日で借り入れする金融機関をご紹介します。

消費者金融

どうしても急いでお金が必要と言う場合には、消費者金融を利用するのが最も早くお金を借りられる方法です。

金利は銀行と比べて高めな設定になりますが、初めての利用であれば一定期間無利息で貸し付けするサービスを行っている消費者金融もあります。

信用金庫

銀行の即日融資は不可能となりましたが、信用金庫は対象ではありません。
カードローンを取り扱っている信用金庫は多くはありませんが、銀行で借りられない分を、信用金庫から借りるという方も増えています。
ただし審査は即日回答ではないため、消費者金融よりは融資までの時間は掛かります。

銀行カードローンの審査変更点

銀行カードローンの審査は、これまでとどのように変わったのでしょうか。
まずは、それまでの審査の流れを見てみましょう。

  1. 申し込み。
  2. 銀行内での簡易審査し、保証会社に情報を提出する。
  3. 保証会社で信用情報機関へ情報を照会し審査する。
  4. 保証会社が銀行に審査結果の報告をする。

ここまでがこれまでの流れでしたが、これにもう一つの段階が追加されます。

銀行は預金保険機構を通じ、警察庁データベースと全国銀行協会に属する銀行に、申込者の情報を照会する。

警察庁データベースでは、反社会的勢力と関係がないかどうかを確認します。
各銀行への照会では、これまでに金融事故を起こしていないか等の確認を行います。

これにより、今までの審査では調べられなかった部分の確認も行えるようになり、反社会的勢力へ資金が流れる事や、利用者への過剰な貸し付けを未然に防ぐ事が目的です。

即日融資が出来る消費者金融カードローン

即日融資が出来る、お勧めの消費者金融カードローンをご紹介します。

消費者金融名金利融資額特徴
アコム3.0%~18.0%1~800万円初めての利用時は契約日の翌日から30日間無利息。
プロミス4.5%~17.8%500万円まで初めての利用で条件を満たせば融資日の翌日から30日間無利息。
カードなしでの借入も可能。
アイフル4.5%~18.0%500万円まで初めての利用で契約日翌日から最大30日間無利息。
急ぎの場合、WEB申し込みの後に電話を掛ける事で急ぎ対応可。
SMBCモビット3.0%~18.0%1~800万円急ぎの場合、WEB申し込みの後に電話を掛ける事で急ぎ対応可。
カードレスの取り扱いあり。
三井住友銀行のローン契約機でもカード発行可。

まとめ

過去に消費者金融で過剰な貸し付けを行なった結果、多重債務者が増加してしまった事から、総量規制という法律が作られましたが、その総量規制の適用外である銀行でも、同様に過剰な貸し付けが問題となりました。
また審査の目をかいくぐり、銀行から反社会的勢力への貸し付けが行われるという事態も起きてしまっていました。

これらの事から、銀行自らが即日融資を取りやめる事を決定し発表したのです。
そして2018年1月より、銀行ではこれまでの審査に加え警察庁のデータベースへの照会という作業を行う事で、時間を掛けてより厳格な審査を行っています。

消費者金融や信用金庫では、これまでの審査と特には変わっていません。
ですから急ぎでお金を借りたい場合には消費者金融を、それほど急いでいないという方は信用金庫を利用するという選択肢があります。

どこで借りるにしても、借り入れをする際には返済計画をしっかり立ててから利用する事が大切です。
また時間的にも余裕を持った申し込みをする事で、冷静な判断で借り入れるようにしましょう。

プロミス

関連記事

  1. 即日融資が可能な消費者金融を安全に利用するために知っておく事

  2. 楽天銀行カードローンで即日融資は出来るのか?

  3. キャッシングやカードローンで収入証明書なしで即日融資を受けるには

  4. おまとめローンの審査や手順について【低金利でまとめる、おすすめの方法】…

  5. キャッシングを土曜日、日曜日や祝日に利用して即日融資を受ける方法

  6. キャッシングは、いつもOK!24時間即日融資を申し込む方法

新着記事

新着記事

PAGE TOP