即日融資が出来る低金利のキャッシング

即日融資が出来る低金利のキャッシングについて

現在即日融資が出来る金融機関は、消費者金融の会社のみになります。
申し込みをした当日中にお金を借りられるという事は、急いでお金が必要という方にとっては大変ありがたいサービスではあります。

ただし、消費者金融は銀行に比べるとどうしても金利が高い傾向がある事は否めません。
しかし消費者金融も上手に利用すれば、低金利でお金を借りる事も出来るのです。

即日お金を借りる際の金利は、低ければ低いほどお得だと思いますが、金利は金融機関によって異なっています。
これはどのように決められているものなのでしょうか。

こちらでは即日融資の金利について、詳しく調査した内容についてお伝えしたいと思います。

キャッシングの金利の決め方

金利は会社によっても異なりますが、借りる人の借り入れ限度額によっても異なります。
借り入れ限度額はどのように決まるかと言えば、その人の年収などの属性や信用によって決まるものです。
信用とは収入や勤続年数の他、他社での借り入れやこれまでの借り入れや返済状況などを見られます。

具体的な審査内容や金利は、消費者金融の会社それぞれで決めるものです。
当然同じ金額を借りるにしても、低い金利の会社を利用した方が返済額も少ない事になります。

金利の上限とは

金利は各消費者金融の会社が決めるといっても、その上限については法律で決められています。
法律で現在決まっている上限金利は年20%です。
ただし実際には、大手の消費者金融では18%以上に設定している会社はありません。

かつてグレーゾーンという利率が存在し、今もテレビコマーシャルなどで過払い金請求という言葉を耳にした事がある方もいらっしゃると思います。

2010年に改訂貸金業法が完全に施行される以前は、利息制限法と出資法でそれぞれ定めている金利に差があったため、その差の部分がグレーゾーン金利として存在し、利息制限法を超えた金利でお金を貸していました。

しかし現在貸金業法が改訂され、「グレーゾーン」と呼ばれる金利はなくなり、過去に払い過ぎた利息を取り戻すため「過払い金請求」をされる方がいらっしゃいます。

現在、新たな借り入れでは、法外な金利を請求される事はありませんので安心して下さい。
もし20%以上の高い金利を掲げている消費者金融の会社があれば、それはいわゆるヤミ金融の可能性が高いので、決して利用しないようにして下さい。

金利計算のシミュレーション

各金融機関のホームページでは、借り入れ希望額や返済期間などを入力する事によって、支払うべき金利のシミュレーションを行う事が出来ます。

消費者金融と銀行の金利の違い

消費者金融と銀行で金利を比較すると、消費者金融の方が高く設定されている事がわかります。
例えば、大手消費者金融「プロミス」の実質年率は4.5%~18.0%、借り入れ額の上限は500万円です。
一方、三井住友銀行の実質年率は4.0%~14.0%、借り入れ限度額は800万円までです。
銀行の方が金利が低く設定され、逆に借り入れの上限額は高いのです。

この他の消費者金融と銀行とで大きく違う点は、申し込んだ当日にお金を借りる「即日融資」が出来るかどうかという点があります。
以前は銀行でも即日融資が可能なところもありましたが、2018年1月以降銀行の審査のシステムに変更があり、そのため即日融資は不可能になりました。

ですから、現在即日融資を受けたいと思う方は、金利が多少高くても消費者金融の会社に申し込むしか方法はありません。

金利を支払わないで借りられる?

お金を借りたら利息を付けて返済するのは当然の事ですが、その利息を払わずに融資を受ける事は出来るのでしょうか。

実は大手消費者金融の会社では、初回利用時などに限って一定の期間、利息を支払わずに融資を受けられるサービスを実施しているところが多いのです。
そのサービスを利用する事で、一時的に利息を支払わずにお金を借りる事は可能です。
各消費者金融の会社が行っている無利息サービスの詳細は次の通りです。

消費者金融の会社無利息期間条件
プロミス初回利用の翌日から30日間メールアドレス登録とWEB明細利用
アコム契約日の翌日から30日間初めての利用で35日毎返済を選択
アイフル契約日の翌日から30日間初めての利用で、無担保キャッシングローン

即日融資を受ける際に金利以外で気を付けるポイント

お金を借りる際に金利について事前に確認するのはもちろんですが、それ以外にも注意しておくポイントがあります。

自動引き落としで返済する場合には、引き落とし日はいつなのか、入金返済の場合は入金期限がいつまでなのか、という事は最も気を付ける必要があります。
返済を怠れば、当然金融機関から催促が来ることになります。
家族に内緒で借りていたのに、それによって知られてしまう事もあるかもしれません。

また一定期間以上返済が滞ると、信用情報機関に事故情報として記録される事になります。
そうなると、今後新たな金融機関に融資の申し込みをしたり、クレジットカードを作ろうとしたりしても、審査の段階で落とされる事になってしまいます。

事前に登録をしておけば、返済日前にメールなどでお知らせしてくれるサービスを実施している金融機関もありますので、それらのサービスを上手に利用して、返済が滞る事のないように十分気を付けて下さい。

海外でお金が必要になった場合

旅行や出張などで海外にいる時に、急にお金が必要になる事があるかもしれません。
そのような場合の多くは、既にお持ちのクレジットカードを利用すると思います。

ショッピングでの利用はもちろん、多くの場合現地通貨での引き出しも可能になっています。
金利は金融機関によって異なりますが、短期の借り入れであれば大きな金額になる事はありません。
手数料も210円程度と安く設定されています。

海外でお金が必要で、もし日本から送金してもらうとなると、手数料はかなりの金額になってしまいます。
それを考えると、クレジットカードでのキャッシングがお得でお勧めだと言えます。

ヤミ金融の金利

いわゆるヤミ金融では、一体どれくらいの金利を請求してくるのでしょうか。
ヤミ金融は当然法律を守る気などありませんから、20%以下である事はあり得ません。

10日で1割の利子が付く「トイチ」という言葉もありますが、ある調査によれば年利40~50%ほどのヤミ金融が多いという事で、恐ろしい数字です。
それだけの金利を表示されれば、誰もがここはヤミ金融だと気が付くと思います。

ただ気を付けなくてはいけないのは、近年ではそこまでではなく20%を少し超えた程度の金利でお金を貸す、ヤミ金融もあるようです。
それなら利用してもいいかなどと、安易に考えると大変な事になります。

それらのヤミ金融は、そこで知り得た個人情報を他のヤミ金融に売ったり、詐欺に利用するなどして、儲けている可能性があるのです。
ですからいくらお金に困っていたとしても、正規の業者以外からお金を借りる事は絶対にしないで下さい。

カードローンの金利

こちらではいくつかの銀行と消費者金融の、カードローンの金利を比較してみたいと思います。

銀行系のカードローン
会社名金利
住信SBIネット銀行カードローン(プレミアム)1.59%~7.99%
じぶん銀行カードローン2.1%~17.4%
三井住友カードゴールドローン3.5%~9.8%
消費者金融のカードローン
会社名金利
SMBCモビット3.0%~18.0%
プロミス4.5%~17.8%
アイフル3.0%~18.0%

このように、消費者金融に比べて銀行系カードローンの方が、一般的に金利は低くなります。
ただし銀行系は申し込み当日に融資を受ける事は基本的に出来ないので、お急ぎの場合には消費者金融を選ぶしかありません。
消費者金融は、どこも金利に大きな差はありませんので、金利以外のサービスもトータル的に判断し、自分に合った会社を選ぶようにしましょう。

複数社から借り入れがある場合はおまとめローンで一本化

現在複数の会社から借り入れをしているのであれば、おまとめローンを利用して1本の借り入れにまとめる事で、今よりも支払う金利を少なくする事が可能です。

特に複数の消費者金融から借り入れている方が、銀行での借入にまとめる事で、大きく金利が下げられる可能性がありますので、該当する方は問い合わせをしてみてはいかがでしょうか。

まとめ

借り入れの際の金利は、各会社で決めている金利の範囲内で、申し込み者本人の属性や信用情報、また借り入れ希望額などによって決められます。

いわゆるグレーゾーン金利と呼ばれる法外な金利は、2010年の法律改正により消滅し、現在は20%以下の金利しか存在しません。
大手の消費者金融の会社では、全ての会社で18.0%以下の設定になっています。

もし20%以上の金利を提示してくる消費者金融があれば、それはヤミ金融である可能性が高いので、絶対に利用しないようにして下さい。

銀行系と消費者金融を比べると、銀行系の金利の方が低い事が多いですが、銀行系では即日融資は出来ないため、自分のニーズにあった借り入れを選ぶようにしましょう。

もし海外でお金を必要になった時には、クレジットカードを利用するのがお勧めです。
もしお持ちでない方は、渡航前に作っておくといいでしょう。

消費者金融の金利はどこもそれほど変わらないので、無利息などのサービスや使い勝手などを考えて、自分に合った会社を選ぶようにしましょう。

プロミス

関連記事

  1. 土日祝日の即日融資

  2. 2018年1月以降銀行カードローンは即日融資不可

  3. 即日融資にはインターネットでのWEB申込みがお勧めな理由

  4. 債務整理に必要な手続きの手順

  5. 即日融資ができるクレジットカード

  6. 自己破産する際の準備や手続き・申請方法

新着記事

新着記事

PAGE TOP