おまとめローンの審査や手順について【低金利でまとめる、おすすめの方法】

このページの目次

おまとめローンの審査や必要な手順

あちらこちらからお金を借りて、どうやって返済したらよいかわからくなってしまったような状態になった時、「おまとめローン」を利用すると毎月の返済額を少なく出来る可能性があります。
おまとめローンについて、その審査や手順を詳しく解説いたします。

おまとめローンとは

おまとめローンとは、数社から借り入れている借金を、1社からの借り入れによって返済し、その後はその1社だけに返済するというシステムです。
「借り換えローン」や「一本化ローン」など、金融機関によって名称は異なりますが、内容は基本的に同じです。

このおまとめローンのメリットは、返済先がひとつになる事で、債務状況が把握しやすくなる事です。
そして最大のメリットと言えるのは、返済計画を立て直し、毎月の返済額が少なくなる事と言えるでしょう。

おまとめローンの審査に必要な書類

おまとめローンの審査に必要な書類は、次の通りです。

  • 本人確認書類
  • 収入証明書類

おまとめローンの審査

おまとめローンには、いくつかの審査ポイントがあります。

ポイント1 借り入れ件数

おまとめローンの審査の際には、借入総額よりも借り入れ件数が重要視される傾向があります。
借り入れ件数が少ない方が、審査には通りやすくなります。

その理由は、1社から多くの金額を借り入れ出来ている人は、そのための審査に通ったという実績があり、信用があると見なされるからです。
ですから6社から50万円ずつ借りている人よりも、2社から150万円ずつ借りている人の方が審査には通りやすいです。

審査に通りやすい借り入れ件数は、基本的に3件以内です。
5社以上から借りている場合は、審査に通るのが難しい可能性があります。

ポイント2 短期間の多重申し込み

複数の業者から短期間に借り入れをしていると、審査に通りにくくなります。
目安を言えば、1か月に3社以上の申し込みをしていると多重申し込みと判断されるでしょう。
いくら自分で申告しなくても、信用情報機関に情報が保管されているため、審査の際にわかってしまいます。

ポイント3 事故情報

事故情報というのは、これまでの返済の延滞や債務整理などの情報です。
次のような情報が信用情報機関に記録されている方は、5年~10年程度審査に通れなくなります。

  • 3か月を超える延滞。
  • 不払い。
  • 債務整理。

ポイント4 勤続年数

勤続年数はおまとめローンの審査の際に重要視されるポイントです。
もちろん勤続年数が長い方が、審査には通りやすくなります。

おまとめローンのメリット・デメリット

おまとめローンのメリット・デメリットを見て行きましょう。

メリット

最大のメリットと言えるのは、返済計画を立て直し、毎月の返済額が少なくなる事です。
多重債務で債務整理という手段を選んだ場合、信用情報機関に事故情報が残ります。
一方おまとめローンの審査が通り、債務を1本化する事が出来れば信用情報には傷が付きません。

さらに人によっては、おまとめローンにした事によって、返済総額を減らす事が出来た人もいます。
多重債務に陥り、毎月の返済を見直す手段として、おまとめローンは最適と言えます。

デメリット

おまとめローンのデメリットと言えるのは、返済総額が増える可能性がある事です。
その仕組みは次の通りです。

  1. 毎月の返済に困る。
  2. 毎月の返済額を減らす。
  3. 返済期間が延長される。
  4. 返済期間が延びると、利息の支払いが増え、返済総額も増加する。

毎月の返済額を減らすという事は、必然的に返済期間は伸びますので、その分支払う利息も増えてしまうのです。
ですから、おまとめローンを利用する際には、最終的な支払総額までしっかり確認するようにして下さい。

おまとめローンは総量規制の対象ではない

消費者金融などの貸金業では「総量規制」という法律を守る必要があります。
総量規制とは、利用者の年収の3分の1以上の金額を貸してはいけないというものです。

しかしおまとめローンは、この総量規制の対象にはなりません。
なぜなら、利用者にとって有益となるローンの場合には総量規制の例外となるからです。

クレジットカードのショッピング枠はおまとめローンの対象となるか

おまとめローンは、貸金業法で取り扱う借り入れにのみ利用できます。
クレジットカードでのお買い物に使うショッピング枠は、貸金業法ではなく割賦販売法が適用されるので、おまとめローンは利用出来ません。

クレジットカードのリボ払いを利用しすぎて、支払いに困っているようなケースでは、弁護士に相談して債務整理する事をお勧めします。

おまとめローンの審査に通らなかった場合

おまとめローンは、銀行や信販会社、そして消費者金融で取り扱う商品です。
審査通過の難易度は、銀行→信販会社→消費者金融となっており、そのまま金利が低い→高いの順番にもなります。

審査が最も通りやすいとされる消費者金融でも、おまとめローンが出来ないとなった場合には、債務整理をするしかなくなります。
債務整理では弁護士などに依頼して裁判所と手続きを進め、今後の返済計画を立てる事になります。

債務整理を始める時は、まずは弁護士に現在の借入額や借入先を伝えます。
そこから弁護士が債権者と話し合い、返済計画の立て直しを行います。

弁護士に相談するメリット

  1. 5社以上からの借り入れがある人でも相談に乗ってくれる。
  2. 闇金からの借り入れも相談できる。
  3. 過払金がある場合に、回収や和解交渉をしてくれる。

弁護士に相談するデメリット

  1. 弁護士費用が掛かる。(報酬請求額は弁護士によって異なる。)
  2. その他に収入印紙代などの費用が掛かる。

銀行と消費者金融のおまとめローンの比較

おまとめローンは、銀行と消費者金融のどちらを利用する方が良いのでしょうか。
それぞれの項目別に比べてみました。

審査通過率

消費者金融

一般的に、金利が低いほど審査は厳しくなります。
そういった意味で、消費者金融の方が銀行に比べて金利が高く設定されているため、審査は通りやすいと言えます。

銀行

銀行のおまとめローンの審査に通りやすい人は、次のような条件に当てはまる方です。

  1. 収入が高く、総会りれ額が年収の3分の1以下である。
  2. 大企業に勤務している。
  3. 金融事故の過去がない。

正社員でない場合や、年収が300万円以下の場合には、銀行でのおまとめローンの審査には通りにくいと言えます。

借入限度額

銀行

銀行ではおまとめローンの限度額が、500万円から1,000万円に設定されています。
もちろん審査によって限度額は決定しますが、上限は銀行の方が高くなります。

融資までのスピード

消費者金融

消費者金融におけるおまとめローンの手続きは、大変スピーディーです。
ほとんどの消費者金融では、最短当日の融資が可能です。
WEBで手続きが出来る所も多く、来店せずに手続きが完了します。
一方の銀行では現在即日融資が出来ません。

金利

銀行

銀行のおまとめローンの金利は、消費者金融と比べると低く設定されているケースが多いと言えます。

会社名・商品名実質年利
アコム4.7~18.0%
プロミス4.5~17.8%
アイフル・おまとめMAX12.0~15.0%
SMBCモビット3.0~18.0%
オリックス・クレジット3.5~14.5%
三菱UFJ銀行カードローン4.6~14.6%
東京スター銀行おまとめローン5.8~14.8%
住信SBIネット銀行Mr.カードローン1.89~7.99%
三井住友銀行カードローン4.0~14.5%

結局銀行と消費者金融どちらがいいのか?

上限金利を見れば、銀行のおまとめローンの方がお勧めと言えます。
しかし、審査通過率は消費者金融よりも低いため、人によっては審査に通過しない可能性もあります。

ですから、まずは金利が低い銀行のおまとめローンの審査を申し込み、通らなかった場合に消費者金融のおまとめローンの申し込みをすると良いと思います。

ただし、1回審査に申し込み通らなかったという情報は、信用情報期間に記載される事になるため、いくつも金融機関に短期間に申し込みをするのは避けましょう。

1本化にお勧めのおまとめローン情報

最後に銀行や消費者金融が扱う、借金の1本化のためのおまとめローン情報をお伝えします。
自分の状況に合ったおまとめローンを探す際の、参考になさって下さい。

アコム(貸金業法に基づく借換え専用ローン)

大手消費者金融のアコムが取り扱っている、借り換え専用のローンです。
複数の業者からの借り入れがある場合に、借り換えによって毎月の返済額や金利が軽減するような、最適なプランが提供されます。

借換えを行う事によって、返済日が毎月1日となり管理もしやすくなります。
借入限度額は300万円までで、金利は年7.7%~18.0%です。
申し込む際は、専用ダイヤルに電話して、その後店頭または自動契約機に出向く事になります。

プロミス(貸金業法に基づくおまとめローン)

大手消費者金融プロミスが取り扱う、おまとめ専用のローンです。
用途は他社での借り入れの返済に限られます。

融資限度額は300万円で、金利は年6.3%~17.8%です。
自動契約機または店頭で申し込みが出来ます。
返済日は毎月の5日15日25日末日から選択出来ます。

アイフルおまとめローン「おまとめMAX」

アイフルを利用している方、または過去にアイフルを利用した事がある方で、複数の借り入れがある方向けの商品です。
毎月の返済額や金利を軽減する事を提案しています。

契約限度額は500万円で、金利は年12.0%~15.0%です。
電話、インターネットで申し込み、契約は来店または郵送で行います。

中央リテール おまとめローン

中央リテールの扱うおまとめローンの融資限度額は500万円で、金利は年10.95%~13.0%です。
複数の借り入れを計画的に完済したいという方のため商品です。
インターネットか電話からの申し込みで、最短2時間で審査が完了、そして最短で翌日には融資を受けられます。

返済は契約者が都合の良い日を決定し、毎月指定口座に振り込みます。
家族などに取引を知らせる事はないので、周囲に知られたくないという方にもお勧めです。

イオン銀行 おまとめローン

イオン銀行のおまとめローンは、来店不要で融資までが可能です。
借入金額は30万円~700万円までの10万円単位で、金利は年3.8%~13.5%です。

他社からの借り換えにも対応していて、原則300万円以下の融資であれば収入証明書は不要です。
返済は毎月27日に銀行口座から自動引き落としされます。
またイオン銀行の店舗やインターネットバンキングで、一部繰り上げ返済や全額繰り上げ返済も出来ます。

楽天銀行 おまとめローン

楽天銀行のおまとめローンの契約限度額は500万円、金利は年4.9%~14.5%です。
他社からの借り入れに対応しており、複数の借り入れを1本にまとめて完済を目指す方のための商品です。

返済日は毎月1日12日20日27日から選択出来、登録している金融機関の口座からの引き落としになります。
お金に余裕があれば、振込みやインターネット、ATMから随時返済が出来ます。

SMBCモビットをおまとめローンとして使う

SMBCモビットにはおまとめローンという商品はありません。
しかし、通常のローンとして申し込みをして審査に通れば、おまとめローンとしても利用できます。

SMBCモビットの利用限度額は800万円と高く、金利は年3.0%~18.0%です。
ただし総量規制の対象にはなるため、年収の3分の1以上は借りられません。

三菱UFJ銀行か三井住友銀行、ゆうちょ銀行の口座があれば、WEB完結で申し込みが可能で、電話連絡や郵送物がありません。
周囲に知られたくないという方にもお勧めです。

三菱UFJ銀行をおまとめローンとして使う

三菱UFJ銀行にはおまとめローンはありませんが、カードローンの審査に通ればおまとめローンとしても利用出来ます。
利用限度額は500万円、金利は年4.6%~14.6%です。

ソニー銀行カードローンをおまとめローンとして使う

ソニー銀行カードローンは、おまとめローンではありません。
しかし借入限度額が800万円と高く、さらに金利は年2.5%~13.8%と業界の最低水準なため、借り換えによって毎月の金利負担が軽減できる可能性があります。

申し込みはインターネットから出来ます。
またコンビニのATMで借入や返済が出来るので、利便性も高いと言えます。

住信SBIネット銀行MR.カードローンをおまとめローンとして使う

住信SBIネット銀行「MR.カードローン」の利用限度額は、1,000万円と大変高い設定になっています。
さらに、ネット銀行ならではの低金利で年1.99%~14.29%です。

複数社からの借り入れがあり、少しでも借入総額や金利を減らしたいという方にお勧めです。
インターネットで借り入れや返済が可能であり、提携ATMでも手数料は掛からないため、利便性が大変高いと言えます。

みずほ銀行カードローンをおまとめローンとして使う

みずほ銀行カードローンの利用限度額は1,000万円で、200万円までであれば収入証明書の提出は必要ありません。
金利は年3.0%~14.0%になっています。

24時間インターネットで申し込みが出来、来店や郵送などは不要です。
さらにみずほ銀行のキャッシュカードをお持ちの方であれば、すぐに利用が出来ます。
返済方法は自動引き落とし、ATM返済、みずほダイレクトでの返済から選べます。

東京スター銀行 おまとめローン

東京スター銀行のおまとめローンは、複数のローンを1本化して、完済を目指すための商品です。
借入額は30万円以上1,000万円以下の1万円単位で、金利は年5.8%~14.8%となっています。
インターネットや電話で申し込みが可能で、その場合は来店は不要です。
返済も口座振替やネットでの返済等から自分に合った方法を選ぶ事が出来ます。

オリックス銀行カードローンのおまとめローン

オリックス銀行カードローンの利用限度額は800万円、金利は年3.0%~17.8%です。
借入方法は口座振り込みまたは、ATMからの引き出しになります。

返済日は毎月10日または末日から選択出来ます。
返済方法は自動引き落としや口座振り込み、またはATMへの入金があり、ご自分に合った方法を選べます。

三井住友銀行カードローンのおまとめローン

三井住友銀行カードローンは、他社からの借り換えやおまとめにも利用が出来ます。
三井住友銀行に口座を持っていれば、ネットバンキングで申し込みから契約、そして融資までが完結します。

借りれ限度額は800万円、金利は年4.0%~14.5%です。
返済日は毎月5日15日25日末日から選べます。
返済方法は、口座振替、振込み、ATM入金の中から、自分に合った方法を選んで利用できます。

監修者のアドバイス

おまとめローンを利用することで、返済を一本化でき、返済がわかりやすくなるというメリットがあります。また、場合によっては総返済額を減らすことにもつながります。
ただし、まとめたことで返済期間を長くしたという場合には総返済額が増える場合もあります。そのため、おまとめローンを利用した方がよいのかどうか(返済がわかりやすくなるのか?)、利用するほうがメリットが大きいかどうかはしっかり確認された方がよいでしょう。

監修者プロフィール

プロミス

関連記事

  1. 総量規制の対象になるキャッシングと総量規制の対象外のキャッシングについ…

  2. 即日融資が可能な消費者金融を安全に利用するために知っておく事

  3. 即日融資が可能な消費者金融カードローン大手の特徴

  4. キャッシングは、いつもOK!24時間即日融資を申し込む方法

  5. カードローンの即日中の他社借り換えについて

  6. 即日融資のキャッシング業者を選ぶ時に重視する条件

新着記事

新着記事

PAGE TOP