即日融資にはインターネットでのWEB申込みがお勧めな理由

即日融資にはWEB申込み

消費者金融で融資を受けるための申し込み方法はいくつかありますが、その中からインターネットでのWEB申し込みをお勧めするのには理由があります。
それはWEB申し込みであれば、1年中24時間どこからでも申し込みが可能だからです。

WEB申し込みでは、必要な情報を入力する手間は掛かりますが、本人確認書類などの必要書類はスマホやデジカメで撮影して、送信するだけで提出が済みます。
それにより郵送や店舗まで出向く時間が短縮され、より早く融資を受ける事が可能になります。

尚、セキュリティーもしっかりしていますので、個人情報が漏洩するような事はありませんので安心して下さい。

即日融資にWEB申し込みがお勧めの理由

では、即日融資にWEB申し込みがお勧めな理由について、具体的に解説したいと思います。

理由1 来店の必要がない

WEB申し込みであれば、全ての手続きがインターネットで完了するため、店舗や無人契約機などに来店する必要がありません。
ですから外出する時間が節約できるのはもちろん、他の人の目が気になる方でも安心して申し込み、融資を受ける事が出来ます。

理由2 好きな時間に申し込みが出来る

WEB申し込みであれば、1年中24時間いつでも好きな時間に申し込みが出来ます。
お仕事が忙しく日中時間がなかなか取れない方でも、夜中や早朝など空いている時間に申し込みが出来るのです。
またスマホやパソコンがあれば、どこからでも申し込み出来るのもメリットのひとつと言えるのではないでしょうか。

理由3 必要書類の提出もWEBでOK

融資のための審査申し込みには、本人確認書類のための書類やケースによっては所得証明書の提出が必要になります。
WEB申し込みであれば、これらの書類もスマホやデジカメで撮影した画像をインターネットで送信するだけで提出可能です。
それにより、書類をコピーしたり郵送したりする時間や手間を省くことが出来ます。

WEB申し込みから融資までの流れ

こちらではWEBでの申し込みから融資を受けるまでの流れをご説明したいと思います。

  1. WEB申し込みの入力画面に必要事項を入力
  2. 審査が行われる
  3. メールでの審査結果の連絡
  4. 契約手続き
  5. 融資
申込みから融資までに掛かる時間

WEBでの申し込みは他の方法での申し込みに比べて、手続きが早く完了します。
各消費者金融の会社の、申し込みから融資までに掛かる時間をまとめてみました。

消費者金融名申込みから融資までの時間
SMBCモビット
最短当日
アイフル最短1時間
アコム最短30分
プロミス30分~40分

それぞれの会社の公式ホームページには、このような融資までの目安の時間が公開されています。
しかし実際には審査などに時間を要するケースもあり、一般的には申込から融資まで1時間半から2時間程度掛かる事が多いようです。
ですから念のため時間に余裕を見て申し込みをする事をお勧めいたします。

WEB申し込みの即日融資ではいくらまで借りられる?

WEBで即日融資の申し込みをした時、一体いくらまで借りる事が可能なのでしょうか。

年収の3分の1まで

消費者金融では申し込み方法にかかわらず、その人の年収の3分の1までの金額しか借りる事は出来ません。
これは貸金業法の総量規制という法律によるものです。
また審査によっていくらまで借りられるか判断されますので、借りられる金額はその人の属性や信用情報によって異なります。

最初は10万円から50万円が相場

初めて利用する消費者金融で即日融資の申し込みをした場合の借入限度額の相場は、一般的に10万円から50万円程になります。
各消費者金融では利用限度額を500万円や800万円などと設定していますが、初めての利用でここまでの金額を借りられる事は難しいと考えておきましょう。
利用を重ね信用を得ていく事で、利用限度額は総量規制の範囲内で増額する事が可能になります。

大手消費者金融の会社の利用限度額
消費者金融名利用限度額
SMBCモビット最高800万円
アイフル800万円以内
アコム最高800万円
プロミス500万円
収入証明書が用意出来ないと利用限度額が低くなる

希望する利用限度額が50万円以上の方、または今回の借り入れと他の会社での借り入れを合わせると100万円以上になる方は、収入証明書の提出が必要になります。
収入証明書を提出出来ない場合には、利用限度額が低くなる事になります。

WEB申し込みがお勧めの金融機関(個人向け)

WEB申し込みを受け付けている金融機関は多数ありますが、即日融資を受けられるところは限られています。
こちらでは個人の方に向けて、WEB申し込みで即日融資を受けられるお勧めの金融機関をご紹介したいと思います。

まわりに知られずに借りられるSMBCモビット

SMBCモビットでは、WEBで申し込みした後に電話を掛けて相談すると、即日融資が受けられるように審査を急いで進めてくれます。

また審査結果の連絡を受けるとその場で会員登録も行われます。
そのため手続きが大変スピーディーです。
さらにWEB完結であれば、郵送物や勤務先への電話もないので、周りに知られる事なく融資を受ける事が出来ます。

申し込み資格満20歳から69歳で安定した収入がある方。
パート・アルバイト・自営業も利用可能。
WEB申し込み受付時間24時間365日
※毎月最終月曜2時から5時は申し込み受付停止。
申し込みの流れ【WEB完結の場合】
① 申込
② 審査結果(メール)
③ 入会手続き
④ 入会完了メール到着後すぐに利用可能
【カード発行を行う場合】
① 申込
② 審査結果(メール)
③ 入会手続き
④ カード発行(郵送・ローン申込機・ローン契約機)
⑤ SMBCモビットから送付された必要書類を返送
⑥ 手続き完了
※カード発行を行う場合は即日融資が不可能な場合あり
必要書類本人確認書類・所得証明書
借入方法振り込み・提携ATM
返済方法提携ATM・口座振替(三井住友・三菱UFJ・ゆうちょ銀行の口座のみ)・銀行振込
利用限度額1万円~800万円
貸付利率実質年率3.0%~18.0%
返済方法借入後残高スライド元利定額返済方式
返済期間・回数最長5年60回
合理的な理由があると認められた場合は最長8年10ヶ月106回
遅延損害金20.00%
担保・連帯保証人不要

30日間金利0円サービスのアコム

申込みから契約まで最短で30分と、審査が早い事でも有名なアコムは、お急ぎの方には特にお勧めの会社です。
WEBで申し込みを行い、自動契約機で契約するとより早く現金を手にする事が可能です。

また楽天銀行の口座をお持ちの方であれば、受付から最短1分で振り込みによる融資も可能です。
さらに初回30日間無利息サービスも大きなメリットのひとつです。

申し込み資格 20歳~69歳までの安定した収入と返済能力を有し、当社基準を満たす方。
WEB申し込み受付時間24時間365日
申し込みの流れ① インターネット申込
② 審査回答
③ インターネットで契約
④ 受信したメールから手続きをすると契約完了
⑤ カードの受け取り(店頭または自動契約機、郵送のいずれか)
※借入は契約当日から可能
必要書類運転免許証等(顔写真のない書類の場合は別途書類必要)。
借り入れ希望額によっては所得証明書。
借入方法振り込み・アコムATM・提携ATM
返済方法 インターネット返済・振り込み・口座振替
利用限度額1万円~800万円
貸付利率実質年率3.0%~18.0%
返済方法定率リボルビング式
返済期間・回数借入最終日から最長9年7ヶ月・1回~100回
遅延損害金20.00%
担保・連帯保証人不要

WEB申し込みがお勧めの金融機関(事業者向け)

事業主の方が融資を受ける場合には、一般的には取引銀行を利用されると思います。
しかしその場合、事前に担当者と相談の上、さらに決済が必要であったりと、時間が掛かりがちです。
そこでこちらでは事業者の方でも即日融資が利用できる金融機関をご紹介いたします。

口コミの評価が高いビジネクスト

「ビジネクスト」は聞いた事がないという方もいらっしゃるかもしれませんが、法人向けローンを扱う会社です。
以前は審査に数日間必要でしたが、現在では最短で即日融資が可能となっています。
使い勝手が良く、申し込みもしやすい事から事業主の方からの口コミ評価が、とても高くなっています。

新規の場合には最高500万円までの融資になりますが、継続利用により1,000万円まで借りられるようになるため、高額の資金が必要な時にも頼りになります。

申し込み資格法人または個人事業主
※申込時年齢満20歳~満69歳まで
WEB申し込み受付時間24時間365日
申し込みの流れ① 申込
② 仮審査
③ 必要書類の提出(メール・FAX・郵送)
④ 本審査
⑤ 審査結果後契約・融資
必要書類【法人】
代表者本人を確認する書類・決算書・その他必要に応じた書類
【個人事業主】
本人を確認する書類・確定申告書・当社所定の事業内容確認書・その他必要に応じた書類
借入方法電話の指示による振込・カード(セブン銀行・東京スター銀行・アイフル提携ATM)
返済方法口座振込・店舗窓口・提携ATM・アイフルATM
利用限度額1万円~1,000万円※新規取引時は上限500万円
貸付利率 実質年率8.0%~15%(利用限度額100万円以上)、13.0%~18.0%(利用限度額100万円未満)
返済方法元金定率リボルビング式
返済期間・回数最長5年(60回以内)
遅延損害金20.00%
担保・連帯保証人不要(法人の場合は代表者に原則、連帯保証人をお願いします。)

ビジネス以外でも利用可能なオリックスVIPローンカードBUSINESS

VIPローンカードBUSINESSは1年中24時間申し込みが出来る、そして審査は最短で1時間、さらに平日14時30分までに契約内容の同意が完了すれば、即日融資が可能という、大変便利なカードになっています。
必要書類も最小限で、手続きも簡単です。

さらに資金用途が自由なので、ビジネス以外のプライベートにも使えます。
カードが手元に届くまではATMでの借り入れは出来ませんが、振り込みであれば即日融資も可能です。

入会金・年会費などは無料ですので、返済後もカードを持っていれば、いざという時に安心です。
また、会員サービスとしてホテルやゴルフ場、レンタカーなども優待価格で利用する事が出来ますので、ビジネスシーンでも有効活用できるでしょう。

申し込み資格20歳~69歳までの方で以下のいずれかに該当する方
・業歴1年以上の個人事業主
・法人格を有する事業の代表者
WEB申し込み受付時間24時間365日
申し込みの流れ① 申込フォームから申込(必要書類のアップロード)
② 審査・審査結果(承認の場合、電話で勤務先本人に在籍確認・申込内容確認)※審査結果の連絡は平日9時~19時
③ カードの郵送
④ 契約内容の同意と確認
⑤ 利用開始
※手元にカードが届いていなくてもホームページ上から振り込みによる融資申し込みが可能
必要書類本人確認資料・収入証明書
個人事業主は経営状況申告書
借入方法ホームページ上から申し込む振込・提携CD・提携ATM
返済方法口座振替・提携ATM
利用限度額50万円~500万円
貸付利率実質年率6.0%~17.8%
100万円コース以上は14.9%以下
返済方法リボルビング払いまたは1回払い
返済期間・回数 リボルビング払いの場合、利用内容により異なる。
最長10年2ヶ月・122回払い
1回払いは28日~61日(利用日により異なる)
遅延損害金19.90%
担保・連帯保証人不要

WEB申込みからスピーディーに即日融資を受けるポイント

大変便利なWEB申込みですが、よりスピーディーに即日融資を受けるためのポイントをご紹介します。

必要書類は事前に準備

スムーズに申し込みから契約まで進めるためには、事前に必要書類を準備しておきましょう。
特に収入証明書が必要になるケースでは、書類の取り寄せまで時間が掛かりますので、申込み前までに手配をしておく事が大切です。

入力ミスに気を付ける

WEB申込みの際には、必要事項を申し込みフォームに入力する事になりますが、その際には落ち着いて入力するように気を付けましょう。
WEB申込みの場合には、店頭等と違いその場でチェックしてもらう事は出来ません。
申込をした後に、金融機関から指摘されて修正する事になるため、そこで余計な時間が掛かってしまいます。

特に気を付けて欲しいのは、連絡先の入力です。
電話番号が間違っていて連絡が取れない場合には、申込が白紙に戻ってしまうので十分注意して下さい。

提出書類ははっきりと写真に撮る

WEB申込みの場合には、必要書類はスマホやデジカメで撮影してインターネットで送信します。
その際、写真がぼけていたり小さすぎたりすると、受付てももらえず再度送信する事になってしまいます。
2度手間とならないように、必要書類の写真ははっきり撮るようにして下さい。

出来るだけ午前中に申し込む

WEB申込み自体は1年中24時間受け付けていますが、実際の審査は金融機関の営業時間内の対応になります。
審査に掛かる時間と銀行の営業時間などを考慮し、出来るだけ午前中に申し込みを済ませる事をお勧めします。

まとめ

即日融資に必要なのは、何よりスピードです。
そのためには、1年中24時間WEBで申込み出来るサービスを利用するのが最も効率的です。
手続きはWEBの申し込みフォームに必要事項を入力し、必要書類をスマホやデジカメで撮影して送信すれば完了です。

店舗や自動契約機などに出向く必要もなく、他の人の目に留まる心配もありません。
最小限の手間と時間で即日融資を受けるには、WEB申込みがお勧めです。

監修者のアドバイス

急にお金が必要なとき、即日融資をWEBで申し込めると非常に助かります。わざわざお店に行かなくても24時間いつでも申込みができ、審査結果も早く分かります。

また、上記のように借り入れ利率や返済方法など事前に自分のペースで確認できます。
ただし、申し込みには、本人確認書類や所得証明などをWEBで送信しないといけないので、個人情報を消費者金融に開示することになります。

消費者金融の選択は慎重に行いましょう。

監修者プロフィール

プロミス

関連記事

  1. 自己破産する際の準備や手続き・申請方法

  2. 即日融資の審査に掛かる時間

  3. ビジネスローンの即日融資について

  4. キャッシングは土日でも即日融資は可能?

  5. 債務整理に必要な手続きの手順

  6. 2018年1月以降銀行カードローンは即日融資不可

新着記事

新着記事

PAGE TOP