カードローンの即日中の他社借り換えについて

即日中に他社に借り換えるメリットやデメリットについて

少しでも借入金の返済の負担を減らしたい方や、現在よりも良い条件で借りたいというような方は、借り換えを検討してみるという選択肢があります。

消費者金融の借り換えローンや、フリーローンを利用すればその日のうちに借り換えをする事も可能となっています。
尚現在銀行では、申し込んだその日にお金を借りる事が出来なくなっています。

ただし、借り入れの借り換えを即日で行う事には、メリットとデメリットがある事も理解しておく必要があります。
借り換えしたのに変わらなかった、借り換えしない方が良かった、というような結果にならないように、事前にしっかり検討する事が大切です。

即日で借り換えするメリット

では具体的に借り換えのメリットにはどのような事があるかご紹介します。

金利が安くなれば返済の負担が減る

今よりも少しでも低い金利の会社で借り換えれば、その分返済の負担は減ります。
即日借り換える事で、当月か遅くても翌月分からの返済が減る事になるでしょう。
ただし、現在の会社を解約する際に条件がないかどうか、確認する事を忘れないようにして下さい。

現在100万円以上の借り入れで利率18.0%を支払っている方は、利率が15.0%になるアイフルがお勧めです。

返済方法を変更出来る

カードローンの返済方法は各社様々で、定額返済や定率返済等があります。
現在の返済方法が自分に合っていない場合、負担が大きいと感じてしまうかもしれません。
借り換えによって、自分の生活に合った返済方法にする事が出来る事があります。

金利の高低よりも返済期間を長くして、毎月の負担を減らしたいという方は、アコムがお勧めです。

追加融資が受けられる

現在のカードローンを利用限度額いっぱいまで利用している方が、借り換える事によって金利を下げ、さらに追加融資を受けられるケースもあります。

高額融資を受けたい方は、低金利のSMBCモビットがお勧めです。

即日で借り換えをするデメリット

では次に即日で借り換えを行うデメリットについて、見て行きたいと思います。

今より条件が悪くなるケースがある

即日に借り換えをしたいとお考えの方は、とにかく急いで手続きを進めようとする傾向があります。
そのため、しっかり条件を確認しないで契約してしまい、後から元の借入よりも条件が悪くなっている事に気付くというような残念なケースがあります。
借り換えは即決せず、落ち着いてしっかり条件を確認してから契約しましょう。

利用出来る金融機関が少ない

即日でカードローンを他社に借り換えが可能な金融機関は、実はそれほど多くありません。
選択肢が少ない事がデメリットと言えます。

午前中の申し込みが必要

即日で借り換えが可能な場合でも、必ず審査は行われます。
ですから審査に掛かる時間や、銀行の営業時間なども考慮する必要があります。

確実に当日中に借り換えたいという方は、午前中までには申し込みを済ませるようにしましょう。
さらに必要書類を事前に準備しておく事も必要です。
当然ですが郵送では即日借り換えは無理ですので、有人店舗または無人契約機を利用して下さい。

即日で借り換えが出来る金融機関

2018年1月から、銀行では即日融資が出来なくなりました。
その理由は、審査の際に個人情報を警察庁のデータベースと照らし合わせる事が義務付けられたからです。
この照会には最低でも1日以上かかるため、実質的に申し込み当日に融資をする事が出来なくなったのです。

現在即日で融資が出来るのは、消費者金融の会社だけです。
そして大手消費者金融の会社で、即日で借り換え商品を扱っているのは次の2社だけとなります。

即日借り換えを扱う大手消費者金融の会社
  • アコム  : 貸金業法に基づく借り換え専用ローン
  • アイフル : かりかえMAX

またプロミスは借り換えローンはなく「おまとめローン」があります。
SMBCモビットは、フリーローンの利用で即日借り換えも可能です。

借り換え時の審査

即日他社に借り換えしたいという場合は、まずは審査に通る必要があります。
実は借り換えの際の審査は、通常の借り入れの審査に比べて厳しい傾向にあるのです。
既に借り入れがある状態ですので、当然といえば当然です。

審査の方法

借り換えする際の審査で重要視されるのは、申し込み者の属性とコンピューターでのスコアリングとなります。

コンピューターでは、過去のデータと照らし合わせて、申し込み者と同じような属性の人の返済状況なども審査対象になります。
また信用情報機関に照会を行い、これまでの借入やクレジットカードの利用履歴や金融事故がないかどうかも確認されます。
さらに勤務先に電話を掛け、実際に勤務しているかどうかの確認も行われます。

主な審査項目

借り換えの審査で特に重要視される項目と、その際具体的にどういった部分を見られるかをご紹介します。

年齢

一般的に20歳から利用出来ます。
30代から50代の、いわゆる働き盛りの方が有利だと言われています。

年収

200万円以上の安定した収入がある事が望まれます。

勤務先・雇用形態

公務員や大企業などの、安定した勤務先の方が有利です。
ただし大企業であっても、不祥事や経営不振のニュースが報道されているような場合には、評価が下がる事があります。
雇用形態は正社員に比べると、パートやアルバイトの方の評価は下がります。
無職の方は審査には通りません。

勤続年数

勤続3年以上の方は評価が高くなります。
勤続年数が1年未満だと、慎重に審査されます。

住まいの形態

持ち家の方が最も評価が高いですが、賃貸だからと言って審査に悪影響はありません。
ただし公営団地や、著しく治安が悪く家賃が安い地域などの場合には、評価が下がる事もあります。

家族

最も評価が高いのは、独身で家族と同居している人です。

連絡先

出来れば、固定電話と携帯電話の両方を申告した方が有利です。

借り換えローンとおまとめローンの違い

借り換えローンとおまとめローンの違いがわかりにくいと方も、いらっしゃるのではないでしょうか。
こちらでそれぞれについて解説いたします。

借り換えローン

借り換えローンというのは、現在の借入先よりも金利が低くて条件の良い借入先に変更する事です。
借り換え専用ローンも存在しますが、他社のフリーローンに借り換えるのが現在の主流になっています。
フリーローンの特徴は、毎月の返済は最低額以上であれば自由に設定できる事、そして返済した分だけまた新たに借り入れが出来る事が挙げられます。

おまとめローン

おまとめローンというのは、複数社から借り入れているお金を、1社からの借り入れにまとめる事をいいます。
おまとめローンは、複数社の借り入れをまとめた金額が少ないと、金利が高くなるという点がデメリットです。

またおまとめローンは、返済のためのローンであるため、毎月決まった金額を返済する必要がある上に、返済以外の用途では使えません。

借り換えローンとおまとめローンの違い

このふたつの大きな違いは、今より条件のよい借入先に乗り換えるのか、それとも複数社から借りているお金を1社にまとめるのか、という事です。
現在払っている利息を安くしたいとお考えであれば借り換えローン、現在複数社へ返済している人はおまとめローンがお勧めです。

即日借り換えが可能にお勧めな消費者金融の会社

ここからは具体的に、即日借り換えにお勧めの消費者金融の会社をご紹介します。

毎月の返済額の負担を軽くしたい方はアコム

アコムは日本全国に1,000以上の自動契約機を設置しています。
そのため、即日で借り換えをしたい方でも利用できる自動契約機が、お住いのお近くにある可能性が高くなります。

また総量規制による年収の3分の1以上の借り入れがある方も、借り換えに関しては利用が可能となっています。

金利はそれほど低くはありませんが、返済期間を長くする事が出来るので、それにより月々の返済額を低く設定する事が可能です。
長い期間が掛かったとしても、毎月無理のない返済をしたいという方に向いています。

複数社から借り入れをしている方も、借り換え専用ローンを利用すると、他社への返済はアコムから振り込まれ、後はアコムに返済すればよいという手軽さも人気のひとつです。

ただし、長い期間返済する事になると、利息を含めた返済額が最終的に現在の返済額を上回ってしまう可能性もありますので、事前にシミュレーションを行い確認するようにして下さい。

 貸金業法に基づく借り換え専用ローン
総量規制対象外
申し込み資格20歳以上で安定した収入と返済能力があり、アコムの基準を満たす人
契約方法① 問い合わせ(フリーダイヤル:0120-07-1000)
② 来店(店頭窓口または自動契約機「むじんくん」)※来店できない時は郵送契約も可。
③ 審査回答後契約
④ 融資(他社の清算)
必要書類
本人確認書類・収入証明書・引落口座がわかるもの・口座の届出印
他社清算書類(自身で清算した場合)
貸付金額1万円~300万円
貸付金利実質年利7.7%~18.0%
返済方式元利均等返済方式
返済期間・回数借入日から最長13年7ヶ月・2回~162回
延滞遅延金20.00%
担保・連帯保証人不要
100万円以上の借り換えの方はアイフル

アイフルは、上限金利も下限金利も他社より低い傾向にあり、融資の額も最高800万円と高く設定されています。
100万円以上の借り入れであれば、15.0%が上限金利となるため、他社でそれ以上の金利で借りている方は、利息分の負担を減らす事が可能です。
こちらは返済専用のローンですので、確実に借金を返したいという方にお勧めです。

 かりかえMAX
総量規制対象外
申し込み資格アイフルを初めて利用する方
満20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する方で当社基準を満たす方
契約方法 ① ネットで申込
② 審査結果の連絡
③ 来店または契約関連書類やカードを自宅へ郵送
④ 契約・カード発行または記入書類を返送
⑤ 融資
⑥ 他社への返済
必要書類
他社借入条件などの確認ができる書類・本人確認書類・源泉徴収票等収入を証明する書類
貸付金額1万円~800万円
貸付金利実質年率3.0%~17.5%
返済方式元利均等返済方式
返済期間・回数最長10年(120回)
延滞遅延金20.00%
担保・連帯保証人不要
高額の借り換えにはフリーローンのSMBCモビット

SMBCモビットのフリーローンは即日融資が可能で、借り換え専用ローンではありませんが借り換えに利用される方の多い商品です。
WEBだけで手続きが完了するWEB完結では、郵便物や電話連絡がないので回りの方に知られる心配がないのも魅力です。

また借り換え以外の用途にも利用出来ます。
さらに高額の借り換えであれば、低金利で利用できるのもメリットです。
ただし借り換え専用ローンではない事から、総量規制の対象になるため、年収の3分の1以上の金額は借りる事は出来ません。

 フリーローン
総量規制対象
申し込み資格満年齢20歳~69歳の安定した収入のある方(当社基準を満たす方)
アルバイト、パート、自営業の方も利用可能
契約方法① 申込(パソコン・ケータイ・スマホ・郵送・電話・ローン申込書・ローン契約機)
② 審査結果
③ カード発行※WEB完結の場合カードの受け取りなし
④ 必要書類の返送※WEB完結の場合書類の返送なし
必要書類
本人確認書類・収入証明書
貸付金額1万円~800万円
貸付金利実質年率3.0%~18.0%
返済方式借入後残高スライド元利定額返済方式
返済期間・回数最長5年(60回)
合理的な理由があると認められた場合は最長8年10ヶ月(106回)
延滞遅延金20.00%
担保・連帯保証人不要

まとめ

借り換えは、毎月の返済の負担を軽減するのに、大変有効的な手段です。
しかし、借り換えを即日で出来る金融機関が少ないというデメリットもあります。

少ない選択肢の中から短い時間で選ぶ事になるので、条件が良くならないケースもあり、慎重に進める必要があります。
また即日借り換えするのには、事前に必要書類を揃え、午前中には申し込みを済ませる事も必要です。

どうしてもという事情がある場合を除き、借り換えは即日にこだわらず、ある程度の時間を掛けてじっくりと選び手続きを進める事をお勧めします。

プロミス

関連記事

  1. 2018年1月以降銀行カードローンは即日融資不可

  2. 即日融資が低金利で可能なキャッシング

  3. 即日融資のキャッシング業者を選ぶ時に重視する条件

  4. キャッシングは土日でも即日融資は可能?

  5. キャッシングは、いつもOK!24時間即日融資を申し込む方法

  6. キャッシングやカードローンで収入証明書なしで即日融資を受けるには

新着記事

新着記事

PAGE TOP