即日融資が可能な消費者金融を安全に利用するために知っておく事

安全に即日融資を受けるには

2018年1月以降、銀行から申し込んだ当日にお金を借りる、いわゆる「即日融資」は受けられなくなりました。
その理由は、銀行の審査の過程に変更が生じたからです。

銀行では審査の際に、融資の申し込みがあった人の情報を、警察庁のデータベースに照会し、その人が反社会的勢力とは関係がない事を確認する事が義務付けられました。
その作業に最低でも1営業日は掛かるため、実質的に即日融資が不可能になったのです。

ですから、現在申し込んだ当日にお金を借りたいと思う方は、消費者金融から借りるしか方法はありません。
消費者金融というと不安に思う方もいるかもいれませんが、しっかり業者を見極めて申し込みをすれば問題はありません。

業者の見極めポイント

消費者金融の会社を利用する際に、気を付けるのは次のポイントです。

  1. 大手で銀行グループの消費者金融の会社を利用すること。
  2. 闇金業者でないかしっかり確認すること。

テレビコマーシャルなどで目にするような、大手消費者金融の会社であれば、心配なく安全に利用する事が出来ます。
中小の消費者金融も安全ですが、そこの会社が安全な会社なのか、それとも闇金業者なのか、見極めが難しくなります。

緩い条件を前面に出して、実は法外な金利での貸し付けや違法な取り立てを行なうのが闇金業者です。
甘い言葉に騙されて1度でも借りてしまうと、大変な事になりますから利用は避けるようにしましょう。

大手消費者金融会社の利用をお勧めする理由

大手消費者金融の会社であれば安全であるという理由についてご説明します。
大手消費者金融と呼ばれる会社には、「プロミス」「アコム」「アイフル」「SMBCモビット」等があります。
これらの消費者金融の会社には次のような共通点があります。

  • メガバンクとの提携。
  • 貸金業法に基づいて営業。

貸金業法とは、消費者金融の会社に適用される法律で、闇金業以外はこの法律を遵守していますし、法律を遵守していないから闇金業なのです。
もう少し詳しくご説明します。

メガバンクとの提携

大手消費者金融との会社は、三菱UFJ銀行・三井住友銀行そしてみずほ銀行のいずれかと提携しています。
これらのメガバンクは倒産する心配はほぼないと言ってもよく、安心して利用出来ると言えます。

貸金業法に基づいて営業

闇金業者以外の消費者金融の会社は、貸金業法に基づき営業を行っています。
貸金業法では法定金利は以下のように決められており、これを超える金利での貸し付けは禁止となっています。

借り入れ額上限金利
10万円未満20%
10万円超~100万円未満18%
100万円超15%

安全に借りられる会社かどうかのチェックポイント

先程ご紹介したような大手消費者金融の会社であれば安全に利用していただけますが、それ以外の消費者金融で検討したいと考えている方は、必ず利用前に次のポイントをチェックして下さい。

チェックポイント

チェックポイント

  • 貸金業登録番号が付与されているか確認する。
  • 悪質な闇金業者でないか検索する。

 

貸金業登録番号が付与されているか確認する

金融庁のホームページには、登録貸金業者の情報検索が出来るページが用意されています。
https://clearing.fsa.go.jp/kashikin/index.php

貸金業者名などの情報を入力すると、その業者が登録されていれば会社の情報が提示されます。
もし検索しても情報が出てこない場合には、闇金業者である可能性が高くなります。

またその業者のホームページやチラシなどに記載されている登録番号を入力し、会社名が違っているというようなケースも、闇金業者の可能性大です。
闇金業者は自社のホームページやチラシに、嘘の登録番号を記載する事もあるので、要注意です。

悪質な闇金業者でないか検索する

日本貸金業協会のホームページには、闇金業者などの悪質業者を検索するページが用意されています。
https://www.j-fsa.or.jp/personal/bad_contractor/search/
利用しようと考えている消費者金融の名前を入力して、もし出てきたらそれは悪質な業者という事ですので、決して利用してはいけません。

もし既に利用してしまった、または連絡してしまったというような場合には、すぐに日本貸金業協会の相談窓口に電話を掛けて相談して下さい。
電話番号 0570-051-051

安全に即日融資が可能な大手消費者金融

ここまでご説明したように、安全に即日融資を受けるためには、大手消費者金融の会社を利用する事をお勧めいたします。
こちらでは、即日融資が受けられる大手消費者金融の会社をご紹介します。

消費者金融名貸金業登録番号即日融資の商品名実質年利お勧めポイント
プロミス関東財務局長
(12)第00615号
フリーキャッシング4.5%~17.8%三井住友グループである。
レディースキャッシングは、女性のオペレーターが対応。
自営業者カードローンもあり。
アコム関東財務局長
(12)第00022号
カードローン3.0%~18.0%三菱UFJファイナンシャルグループである。
借入や返済方法が多様で利便性が良い。
アイフル近畿財務局長
(12)第00218号
キャッシングローン3.0%~18.0%東証一部上場企業である。
女性専用ダイヤルがある。
来店不要・種類郵送不要。
アイフル同上事業サポートプラン
(無担保ローン)
3.0%~18.0%契約方法がWEB・店舗・契約ルームから選択可。
最大500万円まで貸付可。
SMBCモビット関東財務局長
(7)第01239号
フリーローン3.0%~18.0%三井住友銀行グループである。
契約後会員サービス「Myモビ」が利用できる。

法人として即日融資を受けたいとお考えの場合は、消費者金融の利用は一時的なつなぎ資金としての借り入れにする事をお勧めします。
理由は消費者金融の金利は、銀行に比べて高く設定されているからです。
銀行で融資を受けられるまでの間に必要な金額だけ借りるようにする事、そしてお金が用意出来たらすぐに返済する事が重要です。

安全に即日融資を受けるための注意点

安全に即日融資を受けるのに、最も注意すべき点は「闇金業者」を利用しないという事です。
次の項目のどれか一つでも当てはまる業者は、闇金業者の可能性が高いです。

  1. 「審査なしでOK」などの甘い条件。
  2. 連絡先が携帯電話の番号のみ。
  3. 金利が高すぎ、または低すぎ。
「審査なしでOK」などの甘い条件

「審査なしOK」「ブラックでもOK」、こんな宣伝文句があると、いくつも審査に落ちている方や今までに返済が延滞したりした事がある方は、つい申し込みをしたくなってしまうかもしれません。
しかしお金を融資する際に審査をする事は、法律で義務付けられているため、審査なしで融資するという業者は、闇金業者であると考えて間違いないでしょう。

連絡先が携帯電話の番号のみ

ホームページや広告などに掲載されている連絡の電話番号が、携帯電話の業者は間違いなくヤミ金融業者だと考えて下さい。
登録貸金業者で連絡先が携帯電話という事はあり得ません。

金利が高すぎ、または低すぎ

金利が法律で定められている20%以上であれば、誰でも闇金業者だと気付きやすいと思います。
問題は大手の消費者金融よりも、低い金利を提示している業者です。
安いと思って飛びつくと大変な事になる可能性があります。

登録貸金業者が提示している金利は実質年利ですが、闇金業者が提示する金利は「1週間で」または「10日で」などという短期間の金利を提示していることがあり、実質年利で表示すると、極めて高い金利になります。
それが小さい字で記載があればまだ良い方で、契約してから言われるというケースもあります。

そのような業者から少額でも借りてしまうと、みるみる利息が膨れ上がり大変な事になってしまいます。
美味しい話には裏があるという事を忘れないようにして下さい。

まとめ

即日融資を安全に受けるには何に注意すればよいのか、お分かりいただけましたでしょうか。
ポイントをおさらいしたいと思います。
これらに気を付けて、安全に借り入れをして下さい。

  1. 大手消費者金融の会社を利用する。
  2. 貸金業登録番号と悪質業者の検索をして確認する。
  3. 法人の場合は、消費者金融での即日融資は早めに返済する。
  4. どんなに良い条件に思えても、闇金業者は絶対に利用しない。

監修者のアドバイス

「即日にお金を借りたい!」という時は、まず貸金業者を見極めることから始めます。
本文にもある通り、「ブラックOK」や「超低金利」などの「甘い言葉」に誘われて、闇金業者からお金を借りることが無いように。メガバンクのグループの貸金業者なら、ともかく。知名度が高くない、たまたま手にしたチラシの貸金業者を利用する場合は、金融庁や日本貸金業協会のサイトで確認してからにしましょう。

監修者プロフィール

プロミス

関連記事

  1. 即日キャッシングですぐに借りる方法

  2. 他社借り入れのある方の即日融資

  3. 総量規制の対象になるキャッシングと総量規制の対象外のキャッシングについ…

  4. キャッシングは土日でも即日融資は可能?

  5. 即日融資が低金利で可能なキャッシング

  6. 2018年1月以降銀行カードローンは即日融資不可

新着記事

新着記事

PAGE TOP