女性に断然おすすめ【レディースプロミス】↓


事業者向けビジネスローンなら
ビジネクスト
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓






銀行カードローンの即日融資は不可になり消費者金融一択に!

2018年1月、銀行のルールが変更になった事により、銀行カードローンでの即日融資は出来なくなりました。
ですので急いでお金が必要という時に、銀行カードローンを申し込んでもすぐにはお金は借りられないという事を覚えておいていただきたいと思います。

銀行カードローンは、最短でも申し込みから2~3営業日後の融資

一般的に現在、銀行カードローンを申し込みした場合、融資を受けられるのは早くても2~3営業日後になります。
土日祝日などの営業していない日を挟む場合には、申し込みから5~6日程度を要します。
ケースによっては1週間以上掛かる事もあるという事です。

銀行のカードローンで即日融資が出来なくなった理由

銀行のカードローンで即日融資が出来なくなった理由をご説明します。
まずは、ルールが変更になる前のインターネットからの手続きの流れをご覧下さい。

  1. 公式サイトから申し込み
  2. 仮審査
  3. 必要書類の提出
  4. 本審査
  5. 契約完了
  6. カードの発行
  7. 借り入れ

申し込みした後すぐに行われる保証会社の仮審査を通過して、その後の手続きも銀行の営業時間内に完了すれば、申し込みした当日にお金を借りる事も可能でした。
しかしルールが変更になり、次のように手続きにひとつのプロセスが追加されるようになりました。

  1. 公式サイトから申し込み
  2. 警察庁のデータベースと照合
  3. 仮審査
  4. 必要書類の提出
  5. 本審査
  6. 契約完了
  7. カードの発行
  8. 借り入れ

このように「警察庁のデータベースと照合」が必要となったのです。
警察庁のデータベースに照合するためには、最も早くても1日、ケースによっては1週間ほど掛かる事もあり、即日融資は事実上不可能という訳です。
この照合によって、申し込み者が反社会的勢力に関係した人物ではないという事を判断してからでないと、次のプロセスには進めないのです。
このように、銀行カードローンでは即日融資は不可能です。
どうしても今日中にお金が必要であるというようなお急ぎの方は、プロミスなどの消費者金融のご利用を検討するようにしましょう。

即日融資希望の方は消費者金融の利用がお勧め

いくら低金利で借りられる銀行カードローンであっても、必要な時に間に合わなければ意味がありません。
どうしてもすぐにお金が必要という時には、消費者金融での借り入れがお勧めです。
少しでも早くお金が必要な肩の場合には、特に審査の早いプロミスがお勧めです。

テレビコマーシャルや電車の中吊り広告でよく目にするような大手の消費者金融は、どこもスピード審査スピード融資を謳っています。
スピード審査には理由があります。
それらの会社では審査に「スコアリングシステム」を採用しているのです。
これはコンピューターによる自動審査のシステムで、最短30分で審査が完了します。

最短で即日融資する流れ

大手の消費者金融で即日融資を希望する場合の、最短の流れをご紹介します。

必要書類を準備

各消費者金融ではインターネットからの申し込みが、最も手軽で最短の方法になります。
まずは申し込みをする前に、必要書類を揃える事から始めましょう。
次の本人確認書類のうちいずれかひとつを用意します。

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート
  • マイナンバーカード

最短30分で審査

公式ホームページの申し込みフォームに必要事項を入力すると、すぐに審査が開始されます。
信用情報や収入に問題ないと判断されたら、最短30分で審査は完了します。
審査をスムーズに通過するために、事前に以下の項目について確認して下さい。

  • 申し込み情報に間違いや虚偽はないか。
  • 毎月安定した収入が入っているか。
  • 他社で既に年収の3分の1の借り入れをしていないか。
  • 複数の会社に同時に申し込みをしていないか。
  • クレジットカードや携帯電話料金を滞納した事はないか。

在籍確認の電話

銀行でも消費者金融でも、カードローンの申し込みをすると勤務先に在籍確認の電話が入ります。
電話は個人名で掛けられて来ますので、借り入れする事が会社の周りの人に知られてしまうという心配はありませんから安心して下さい。

本人が電話口に出られればそれで在籍確認は終了ですが、もし外出などしていて電話に出られなかったとしても、電話に出た方の応対で在籍しているという事さえ確認できれば、それでも問題ありません。

平日の14時までに契約をして振り込みで借り入れ

在籍確認も終わり審査に無事通過すれば、あとは契約をして借り入れするだけになります。その契約の時間帯に応じて、借り入れ方法を選ぶとより早く借り入れが可能になります。

まず、平日の14時までに契約が完了する方は、振り込みでの借入が便利でお勧めです。
スマホやパソコンで借り入れの申し込みをすれば、指定した銀行口座に借入金を振り込んでもらう事が出来ます。銀行の営業時間での対応となるので、時間には余裕を持って進める事が大切です。

【振り込みでの借入をするメリット】

  • クレジットカードや家賃等の引き落とし当日の残高不足の解消に使える。
  • 自宅にいて口座残高を補填する事が可能である。
  • 誰にも会わず借りられる。

【振り込みでの借入をするデメリット】

  • 平日の14時までの契約が必要である。
  • 指定口座が必要なカードローンもある。
  • 基本的に銀行の営業時間内の対応になる。

21時までに契約をしてATMで借りる

平日14時以降の時間帯に契約する方は、ATMでの借入がお勧めです。
インターネットで申し込みをする際に、カードの受取に無人契約機を選び即日カードを発行してもらえば、そのカードを使ってすぐにATMで借り入れが可能です。
消費者金融各社のATM以外でも、提携銀行やコンビニATMからも借り入れ金を引き出す事が出来ます。

【ATMで借入をするメリット】

  • カードを持っていれば、急な出費にすぐに対応出来る。
  • まとまった現金を借りられる。
  • 借り入れをしているとは周りからわかりにくい。

【ATMで借入をするデメリット】

  • 21時を過ぎると翌日対応になる。
  • 無人契約機まで出向く必要がある。
  • 利用するATMによっては手数料が発生する事がある。

まとめ

銀行のカードローンでは即日融資は出来ないという事と、その理由がお判りいただけたかと思います。
何らかの理由により、当日中にどうしてもお金が必要だという方は、即日融資が可能な消費者金融のカードローンの利用を検討される事をお勧めいたします。

プロミス

関連記事

  1. 楽天銀行カードローンで即日融資は出来るのか?

  2. おまとめローンの審査や手順について【低金利でまとめる、おすすめの方法】…

  3. 即日融資が可能な消費者金融カードローン大手の特徴

  4. キャッシングを土曜日、日曜日や祝日に利用して即日融資を受ける方法

  5. 自己破産する際の準備や手続き・申請方法

  6. キャッシングは土日でも即日融資は可能?

新着記事

新着記事

PAGE TOP