キャッシングについての基礎知識 -審査の際に有利な情報編-


キャッシングについての基礎知識 -審査の際に有利な情報編-

審査の際に有利な情報について説明する動画です。

審査は、この人はお金を貸しても大丈夫かどうかを見るために行われます。
例えば2人の人がいたとします。
一人は、過去に借り入れをした事がなく、何の情報もないという人。
そしてもう一人は、過去に何度も借り入れをしてきたという情報がある人。
どちらが審査に有利だと思いますか?

実は、過去に借り入れをした事がある人の方が審査には有利です。
何度も借りている人よりも、新規の人の方が有利と思われる事が多いですが、実はそうではありません。
これまで年度も借り入れをしてきて、返済実績がある人の方が、他のカードローン会社の審査に通りやすくなる事があります。

ローンやキャッシング、分割払い等を利用すると、信用情報機関という所に情報が残り、クレジットヒストリーが作られます。
クレジットヒストリーが全くない人よりも、ある人の方が信頼度が高くなります。
クレジットヒストリーがない場合、過去に1度もクレジットの利用がないのか、自己破産をしたけれども時間が経ってその情報がなくなったかの判断がつかないため、それよりはクレジットヒストリーがあって、しっかり返済をしている人の方が安心です。

ただし、信用情報機関に事故情報がある人はクレジットヒストリーがない人よりも不利になります。
事故情報があると、審査には通りません。

審査に有利な人のポイントは次の通りです。

  • 過去に何度か借り入れがあり、返済実績がある人。
  • 過去の返済で延滞がない人。
  • 個人信用情報機関に事故情報がない人。
  • 現在の借り入れ件数が少ない人。
  • 短期間に何度も申し込みをしていない人。
プロミス

関連記事

  1. キャッシングについての基礎知識 -学生向けのキャッシング編-

  2. キャッシングについての基礎知識 -審査基準編-

  3. キャッシングについての基礎知識 -借入限度額編-

  4. キャッシングについての基礎知識 -金利編-

  5. キャッシングについての基礎知識 -消費者金融のキャッシング編-

  6. 国民年金を滞納からの免除・納付猶予制度を利用。からのまた滞納した話。

新着記事

新着記事

PAGE TOP