初体験は小学生~滞納ママはじめての滞納~

音声をONに出来ない環境で動画の内容をお知りになりたい方は、以下のシナリオをお読み下さい。

こんにちは滞納ママです。

私が滞納したもの、たくさんあるんですけど、初めて滞納をしたものっていうのが、小学校の時、サン宝石っていうもので、知ってる人は知ってるかなと思うんですけど、結構チャオとかリボンとかの本の裏に、カタログが載ってて、そこから番号書いて注文できる。

最先端のネット通販だったんですけど、私の中では。
それを近所の先輩が注文してて、で私も500円分くらい注文させてもらってで先輩にお金を払って、私も商品もらってという感じでやってたんですけど、サン宝石持ってる人って結構羨ましがられたんですよ。
サン宝石の商品って、その辺じゃ売ってないのにこれ持ってるなんて、え~?サン宝石なの?みたいなそういう流れがあって、サン宝石で私ももっと頼みたいな~て思って注文したんですけど、基本的に後払いだったんですよ。

サン宝石の商品と一緒に支払い用紙が届いて、それをまあコンビニとかで払ってくださいねって言う感じの流れだったんですけど、もう初めてのネット通販だったので、カタログを先輩からもらって、自分の欲しいなって思う商品をどんどんハガキに書き込んで行って、内容としたらすごいくだらないものんですけど、なんか恋が叶う占いセットみたいなそういうのか、今となってはなんの役に立つの?ってみたいなものなんですけど、小学生の私はすごいときめきを与えるものが多くて、そういうものばっかり注文してて、でも値段も2000円以下ぐらいだったんですよね。

で、自宅にものが動いて早速そういうグッズを使い始めて、まわりの人からこれサン宝石で買ったの?いいな~って感じで言われて、ちょっとドヤだったんですけど、まぁ支払いをする能力はもちろんないのに勝手に注文してしまったので、まあ自宅にもう1回支払い用紙が届いたんですよ。

その時は今みたいに後払いっていう制度がなかったので、別に弁護士とかから連絡が来るとか、何ヶ月滞納したら弁護士行きでもう2度とサン宝石が使えませんとかっていうのが、多分なかったので結構平気で滞納をしちゃってて。

そしたらある日自分の実家の電話番号に連絡が来たんですよ。サン宝石から。
で私は電話基本的に出なかったので、親が出てねぇ、サン宝石連絡来たんだけど、なんでこんなに滞納ってなに?って言われて、まあ値もう1000いくらかだったから、早く払っちゃいなさいって言われたんですけど、小学生の私はすでに反抗期だったので、実家まで電話してきて何って思っちゃったんですよ。小学生なのに。

もう払えばいいんでしょう?っていう感覚で当時のレターセットの封筒の中に、何もメモを入れずを金だけ入れて、郵便ポス入れてそのサン宝石宛に投函したわけ。

あとからまたサン宝石から連絡が来て、お金が入ってる分の足りなかったんですけどって転落は来たんですけど、私はきっちり入れたしって思って、もう郵便局の人が盗んだんじゃないの?とか小学生ながらに考えて、もうそこをから連絡を無視し続け、まあ親にも私はきっちりお金払ってるからそんな滞納とかもうないからといって、そのサン宝石の滞納は終わったんですけど、今大人になって考えればレターセットの封筒に現金を入れて、小銭も入れてポストに投函するっていうこと自体がまずあり得ないことなんですけど。

小学生の時点で滞納をし始めてしまう癖があったようで、サン宝石それ以来ずっと長い間友達の間で流行ったんですけど、なんか一緒にこれ買おうよって言われても、いや自分はもうあんなに滞納したから注文できないなっていう感覚があって、そこから注文はしなくなったんですけど。

小学生でもそういうハガキ1枚で買えるネット通販があるので、結構お手軽な時代だったのかなと思います。
2000年ぐらいですかね。たいたい。年齢ばれちゃうんですけどそれぐらいから、そういう通販は始まってたので、今スマホひとつでネット通販て出来るので、小学生で勝手に注文して親に隠して滞納ってしてる人って、結構多いかもしれないので、私のようにならないために親御さんはチェックしておいたほうがいいいいかもしれないです。
何か質問などがありましたらコメントください。

プロミス

関連記事

  1. キャッシングについての基礎知識 -元利編-

  2. キャッシングについての基礎知識 -審査の際に有利な情報編-

  3. 車のローンを滞納しすぎて差し押さえになった話。

  4. 国民年金を滞納からの免除・納付猶予制度を利用。からのまた滞納した話。

  5. キャッシングについての基礎知識 -学生向けのキャッシング編-

  6. キャッシングについての基礎知識 -債務のおまとめローン編-

新着記事

新着記事

PAGE TOP