キャッシングについての基礎知識 -学生向けのキャッシング編-


キャッシングについての基礎知識 -学生向けのキャッシング編-

学生向けのキャッシングについて説明する動画です。

一昔前までは学生がお金を借りるというのは考えられない事でした。
実際に今でも成人を対象としたキャッシングサービスでは、原則20歳を過ぎていても学生は利用できない事になっています。

借入と言うものは、基本的に利用者に毎月安定した収入がある事が必要条件とされています。
一定以上の収入を継続的に得られる保証のある人だけが、キャッシングを利用出来るのです。
収入の有無は借り手の返済能力に直結するもののため、この原則は当然の事です。

しかし近年は収入の安定した社会人のみに限定するのではなく、様々な人に間口を広げてサービスの内容に広がりを見せているという事です。
その最たる例のひとつが「学生ローン」です。
聞いたことがある方もいると思いますが、学生専用のキャッシングサービスです。
こういったローンを扱う金融業者が以前より増えており、中には学生向けに特化したキャッシングサービスを行っている業者も存在します。

学生ローンのメリットは、返済の負担が軽くなるように、毎月の返済額が低めに設定されている点です。
通常の借り入れの場合、月々の最低返済額はそれなりの額に設定されています。
例えば実質年利18%で、100万円借り入れて4年で完済するという場合、単純計算で毎月4万円返済して行く事になります。
ボーナス月には多めに返済するにしても、月々の返済額は3万円程度です。

それに対して学生ローンの場合は、最低の返済額がかなり低めに設定されています。
仮に先程と同じく100万円を実質年利18%で借り入れた場合には、1年間の返済は18万円、月に15,000円が最低返済額となり、社会人向けのキャッシングと比べるとかなり返済の負担は軽くなっています。

社会人になっていない人が借り入れをした場合、アルバイトをしたお金で返して行くのが一般的ですが、アルバイトは社員に比べると収入は不安定です。
アルバイトがあまり出来ずに収入が少ない月があっても、最低返済額が低めに設定されていれば返済に悩まずに済みます。

またアルバイトの収入が多かった月には、増額して返済すれば金利分の負担も軽減できるでしょう。
学生ローンはこのように返済しやすい形になっているというのが、大きなメリットです。

プロミス

関連記事

  1. キャッシングについての基礎知識 -信販系とは?-

  2. 元闇金業者が語る闇金の実態

  3. キャッシングについての基礎知識 -消費者金融系のメリット・デメリット編…

  4. キャッシングについての基礎知識 -女性向けのキャッシング編-

  5. キャッシングについての基礎知識 -金利編-

  6. キャッシングについての基礎知識 -リボルビング返済方式編-

新着記事

新着記事

PAGE TOP