返済金額計算


借入額、返済日数、金利より毎月の返済金額を計算します


  • お借入希望額
  • 万円
  • 例)10万円
  • ご返済期間
  • ヶ月
  • 例)12ヶ月
  • 金利
  • %
  • 例)10%
こちらに結果が表示されます

返済期間計算


借入額、返済金額、金利より毎月の返済期間を計算します


  • お借入希望額
  • 万円
  • 例)10万円
  • ご返済金額
  • 千円
  • 例)8千円
  • 金利
  • %
  • 例)10%
こちらに結果が表示されます

借入可能額計算


返済回数、返済金額、金利より毎月の借入可能額を計算します


  • ご返済金額
  • 千円
  • 例)8千円
  • ご返済期間
  • ヶ月
  • 例)12ヶ月
  • 金利
  • %
  • 例)10%
こちらに結果が表示されます

キャッシング即日融資の極意


消費者金融や銀行でお金を借りたいけど、
どうしても今日中に間に合わせたい・・・。

そんな方に向けて、「即日キャッシングの極意」について解説します。

ネットで申し込みを行う

皆さんは、「キャッシング」と聞くと、どのような方法を思い浮かべるでしょうか?

消費者金融や銀行まで直接足を運んだり、無人契約機で手続きを行う方法をすぐに思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?
現在でもこれらの方法で手続きは行えますが、スピードを優先するなら、「ネットでの申し込み」が最も便利なのです。

大半のキャッシング会社は、年中無休で一日フルで受付を行っています。
よって借りたいと思った時には、スグ手続きを始めることができますが、キャッシングの肝となる「審査の時間」は、それぞれの会社の営業時間にしか行えないのです。

インターネットの最大の長所は、審査の結果をスグに知ることができる点です。ですので少しの空いた時間に申し込みだけを行っておくことができます。
そして今では、契約に至るまでの「全ての手続きの手順」を行うことができるのです。

この手続きの進歩により、店舗などに足を運んで、書類の不足があって、もう一度家にトンボ帰り…などといった「時間のロス」を大きく短縮して、自宅などで気軽にストレス無く手続きを行えるようになったのです。

すぐに借りたければ、ネット申し込みをすること。

すぐに借りたいなら「消費者金融系」を利用する

もしも最速でのキャッシングを考えているのなら、銀行での借入は選択肢から外すのが賢い考えであると言えます。

なぜなら銀行は「3段階の審査(仮審査、本審査、そして、保証会社による審査)」の手順を踏まなければならないため、どうしても時間がかかってしまうからです。

ですので急ぎでのキャッシングが希望なら、消費者金融系を選ぶのがベターになります。
そして、消費者金融の中でも「大手の業者」を利用するのが即日キャッシングのコツです。
なぜなら中小の会社は、概ね「振込での借入」のみとなっている点で不便であり、加えて即日の融資が難しいケースが多いからです。

この大手消費者金融の中でも、スピードに特化している会社はアコム、そしてプロミスです。

長期的な返済をお考えなら銀行系

銀行でのカードローンは「金利の安さ」をセールスポイントとしています。
そのため、もし貴方が長期的な利用を考えているなら銀行カードローンの方がお得であると言えるかもしれません。
しかし、「できるだけ早く借りたい」と思っているなら断然「大手の消費者金融」がオススメなのです。

銀行が「低価格」を売りにしているのに対し、大手の消費者金融は、「融資の早さ」を最大のセールスポイントとしています。
その点においては銀行とは差をつけていますし、その「利点」によって銀行カードローンを上回る「市場占有率」を得ることに成功しているのです。

すぐに借りたければ、大手の消費者金融。長期での返済を希望なら銀行系を利用すること。

本人確認書類(身分証)を忘れずに

キャッシングを行うためには、「本人であることを確認するための書類」が必要となります。

証明書として利用できるのは「免許証」「保険証」「住基カード」「パスポート」「年金手帳」です。
以上のものを所有しているのであれば、支障なくキャッシングをすることができると思います。

注意すべき点は「住民票は使えない」という事です。なぜならこれは、本人でなくとも入手できる書類だからなのです。

主に消費者金融は上記の中から一点あればOKですが、銀行でお金を借りる際には、2点なければならないケースもあります。

さらに、現在は便利となったので、スマートフォンなどで上記の書類を撮影したものでも有効となっています。
前もって準備を行っておけば、いざという時に安心かもしれません。

もしも、銀行口座への振込での借入限定で即日融資をしたいならば、銀行口座への入金反映が間に合う「午後3時」までに間に合わせなければならないことになります。

この時間をオーバーしてしまうと、振込は次の営業日以降となってしまうからです。
要するに、かなり早い段階で準備をしておかなければ、「借入失敗」ということになってしまいます。

午後3時を過ぎても今日中にキャッシングするテクニック

ここで紹介するのは、「タイムオーバーを延長するための方法」です。そのカギとなるのが「無人契約機」なのです。
順を追って説明します。

最初に「ネットでの申し込み」をしておきましょう。
そして次に、その申し込みが審査されている間に、近くの「無人契約機」へと向かいます。そして、その無人契約機の中で、「契約に必要な書類」を出し、契約まで全て行ってしまうのです。

知らない方も多いのではないかと思いますが、無人契約機は「カードを発行する」こともできるのです。

カードは他の手続き方法であれば、家まで送られてくるのにおよそ1週間ぐらいかかります。ですが無人契約機で契約を行うことによって、スグにカードを手にすることができるのです。

この方法を行うことによって、「昼過ぎまでに全ての準備をしなければならない」という過密な状況ではなく、「無人契約機が使用できる21時までタイムリミットが延長する」ことが可能となるのです。

ここでのポイントは、「審査の申し込みをネットで先に行っておく」という部分です。
早い段階で審査をクリアしていることによって、残された手続きは「書類を提出する」などといった、30分ほどで完了することのみとなりますので、スムーズな借入が可能となるのです。

さらにコツとしては、審査が完了した連絡を電話で受けた時に、「これからスグに無人契約機に足を運んで契約を行う」という件を話しておきましょう。
これによって、電話受付のスタッフさんが、その際にどのような書類が必要であるかについて説明してくれますので、ミスが減ります。

最後に無人契約機を導入している会社について紹介していきましょう。
まずはプロミス、そしてアコム、さらにアイフル、続いてモビット、そして新生銀行カードローンであるレイク、そしてノーローンです。

50万円未満を基準に借りる

もし貴方が今日中にお金を借りたいなら、「50万円未満」に標準を絞り手続きを進めるのがベストです。

なぜなら、50万円以上を消費者金融が融資する際には「貸金業法」に基づいて、借り手に「収入証明書の提出」が求められるからなのです。

この証明書には次のものがあります。
まずは源泉の徴収書、そして給料の支払いの明細、そして支払いの調書、さらに確定申告書、そして納税の通知書等といったものです。

上記の「収入証明書」は、契約時に必要な「本人確認用の書類」とは違って、用意するのに時間が掛かるものが多いのです。
また取得するための役所も「夕方まで」と受付の時間が限られているため、仕事後に行くのも困難な場合が多いです。

そして、即日でのキャッシングをしたい方の用途も、生活費の補助や、緊急時の娯楽などに使う費用などと言ったケースが多いと思います。

「返せる額ではあるけれど、今すぐは用意できないから借りたい」、こういった理由のキャッシングが多いと思いますので、50万円以上必要である場合というのはあまりないシチュエーションではないでしょうか。
急ぎの際には「借りすぎず」適度な額のキャッシングを心がけましょう。

すぐに借りたければ、50万円未満を借りること。

指定の銀行口座で利用できるお得な情報

ここで紹介するのは、「指定の銀行口座」をすでに持っている方が利用できる「キャッシングお得情報」です。

銀行ごとに紹介していますのでチェックしてみてください。

三井住友銀行の口座

「三井住友グループ」の会社である「プロミス」は、1年中24時間、「メンテナンス時」を除き、上記口座への振込の「即時反映」が可能となります。
また「アコム」も、初めての振込のケース限定で、振込が行われる時間が「19時」まで伸びます。

ジャパンネット銀行の口座

「プロミス」が1年中、「メンテナンス時」を除き、上記口座への振込の「即時反映」が可能となります。

ゆうちょ銀行の口座

「アコム」が、初めての振込のケース限定で、振込が行われる時間が「19時」まで伸びます。

三菱UFJ銀行の口座

ゆうちょ銀行同様、「アコム」が、初めての振込のケース限定で、振込が行われる時間が「19時」まで伸びます。アコムは三菱UFJ銀行グループの会社です。

楽天銀行の口座

「アコム」と「ノーローン」に関しては、1年中、「メンテナンス時」を除き、振込の「即時反映」が可能となります。


学生の方の為の即日キャッシングについて

即日で学生が借りられるキャッシング

学生の方は、手持ちのない時に急にお金が必要になるという事はよくあるのではないでしょうか。
突然その日に飲み会やコンパなどの予定が決まるという事もあると思います。
「今から飲みに行こう!」と盛り上がっている中で、お金がないから出席できないというのは辛いものです。
出席メンバーの中に、話してみたいという人がいたり、気になる人がいたりするような場合は、尚更なんとかして参加したいと思ってしまうでしょう。
しかしだからと言って、友達とのお金の貸し借りは後からトラブルにもなり兼ねませんし、1度ならまだしも何度もお願いするわけにもいきません。
そんな時に、申し込んでその日にお金を借りられるキャッシング会社に頼るという方法がありますので、ご紹介いたします。

学生の即日融資に必要な書類

キャッシング会社に申し込んだその日にお金を貸してもらう事を「即日融資」と言います。
即日融資してもらうためにはまずは審査に通る事が必要ですが、そのために提出しなくてはいけない書類をご説明します。
提出書類に不備や不足があると、審査に通る事が出来ません。
その日のうちにお金を借りたいという場合は特に、提出書類の確認が大切です。

身分証明書

自分の身分を証明できる書類が必要です。
運転免許証やパスポート等、写真が入っているものが望ましいです。
写真が入っていない書類の場合、健康保険証と住民票など2種類の書類が必要となる事もあります。
住民票は市区町村の役所で発行してもらえます。

学生証

学生専用のキャッシングを利用する場合には、学生証の提出が必要となります。
学生証がなければ在学証明書でも可能な事もあります。
中には学生証を家の中のどこに置いたかわからないという方もいるかもしれませんが、本来学生証は基本的に常に持ち歩いているものです。
何らかの学割サービスを利用する際にも必要になりますし、もし失くしてしまったという方はこの機会に再発行してもらうようにしてはいかがでしょうか。

アルバイトの給料明細書

50万円以上の金額を借りたいというような場合には、給料明細書の提出が必要になります。
ただし、消費者金融の会社ではその人の年収の3分の1を超える金額は貸してはいけない事になっていますので、50万円以上借りられるのは年収が150万円以上ある人だけという事になります。

学生の即日融資に必要な条件

即日融資のための条件ですが、まず大切なのは営業時間内に審査結果がもらえる時間までに申し込みを済ませるという事です。
平日の昼間であれば、どこのキャッシング会社も営業しているので、平日の早い時間に申し込めば即日融資を受けられる可能性は非常に高くなります。
土日祝日にお金が必要になった場合、学生専用のローン会社は休業しているので、一般の消費者金融の会社に申し込みをしましょう。
大手消費者金融の会社は、基本的に土日祝日も審査を行い通ればお金を借りられます。
インターネットから申し込みを行って、無人の契約機に出向いてカードを受け取り、そのカードでお金を借りるという方法がスピーディーで確実です。
消費者金融のカードを持っていれば、その後はいつでもコンビニのATMなどからお金を借りる事が出来るようになります。
今すぐにお金が必要でない場合でも、事前に契約してカードを持っていると、いざという時に役に立つかもしれません。
例えば審査で借入限度額が20万円となった場合の、融資の例は次の通りです。

  1. 借り入れ限度額20万円のカードを受け取る。
  2. ATMで5万円借り入れする。
  3. あと15万円借りられる。
  4. 更に5万円ATMで借り入れる。
  5. あと10万円借りられる。
  6. 3万円返済。
  7. あと13万円借りられる。
  8. 7万円完済する。
  9. いつでも20万円まで借りられる。

カードを持っているだけでは、利息はもちろん年会費なども掛かりません。
急にお金が必要になった時には、夜中や土日祝日でもコンビニのATMでお金を借りる事が出来るので、とても便利です。


銀行カードローンは即日融資が出来ない?

2018年1月より、銀行カードローンの審査がそれまでよりも、より厳しくなったというニュースをお聞きになった事がある方もいらっしゃると思います。

今までの審査内容に加え、カードローンの申し込みをした人の情報を警察庁データベースで照会して、その人に何らかの問題がないかを確認しています。
この事によって、反社会的勢力へお金が流れる事を防ぐという目的もあります。

この警察庁のデータベースに照会するという作業は、最短でも1日から2日程度の営業日が必要になります。
そのため、銀行カードローンで新規申し込み当日にお金を借りる、いわゆる「即日融資」は事実上不可能になりました。

銀行カードローンが即日融資を中止した経緯

銀行カードローンで即日融資が出来なくなるまでの経緯をご説明したいと思います。
2017年1月、金融庁幹部に次の発言がありました。

  • 金融庁として銀行カードローンのあり方についてこれから各行と議論して行きたい。

その理由としては次の問題が挙げられます。

  • 貸金業法の改正で消費者金融への総量規制が行われた影響で、貸金業法に規制されていない銀行のカードローンに利用者が流れ、その結果銀行カードローンでの過剰融資が増加している。
  • 銀行カードローンでのおまとめローンの契約者が増加し、新たな多重債務の温床となっている。

これらを受け、銀行カードローンは広告を自主規制するなどの対応を取るようになりました。
当サイトとしても、安易に銀行カードローンでの即日融資やおまとめローンをお勧めする事を自粛するようにしています。

記事をお読みになった方が銀行が提供しているから安心だというような安易な気持ちで、銀行カードローンを選択しないよう、正しい情報を提供するよう心掛けています。

今回の一連の流れの発端としては、消費者金融での多重債務者増加の問題や、悪質な業者の取り立て問題が大きく報じられた事で、貸金業法が改正された事にあると考えます。
それにより低所得者や収入のない主婦は、消費者金融で借り入れが出来なくなりました。
そういった人達に向けて、銀行カードローンの利用を促して来た銀行の営業姿勢に問題があったのではないかという事です。

銀行にしてみれば、近年の超低金利で住宅ローンや法人融資での利益率が見込めない中、個人向けのカードローンは高金利を保っているので利益が出やすいため、営業を強化して多くの利用者を集めていたのだと思います。
確かに貸金業法の改正によって、低所得者や専業主婦が消費者金融からお金を借りられなくなるというデメリットはありました。

しかしなぜ借りられなくなったのかを考えれば、それは返済するのが困難であると判断されたからという事になります。
ですからそういった方たちに、銀行カードローンなら気軽にお金を借りられるとアピールして営業する銀行の姿勢には、疑問を感じざるを得ません。
当サイトでも、情報の正確さや質について見直していく時期であると考えさせられたニュースでもありました。

このような経緯により、現在銀行カードローンでの即日融資は出来なくなっていいます。
即日融資をご希望の方は、消費者金融をご利用下さい。


未成年がお金を借りる方法

18歳19歳の未成年の人の中には、お金がなくて困っている方もいらっしゃると思います。
学業の合間にアルバイトをしたとしても、思ったほど稼ぐことは出来ないでしょう。
しかし友達と遊ぶお金やファッションに掛ける費用は必要です。
特に一人暮らしをしていると、月によっては生活費が足りなくなるという方もいるでしょう。
一人暮らしで大学に通う学生への親からの仕送りは、年々減少傾向にあると言われています。
いくら節約した生活を送っていても、思った以上に出費がかさんでしまうという事もあると思います。
こちらでは、未成年がお金を借りるという事について解説したいと思います。

未成年はお金を借りられるの?

そもそも、未成年がお金を貸してもらうという事は可能なのでしょうか。
結論から言うと、20歳未満の未成年の方には金融業者がお金を貸す事は出来ません。
それは民法の未成年者保護規制で定められています。
18歳19歳であっても、学校を卒業ししっかりお仕事をしている方もいらっしゃいます。
しかし、それでも親の承諾なしに金融業者からお金を借りる事は出来ないのです。
20歳未満の人が仮に金融機関で借り入れの契約をしたとしても、後から本人や親が取り消しの申し立てをした場合には、契約は破棄されます。
これも未成年者保護規制に明記されている事です。

親の承諾があれば借りられるの?

という事は、親の承諾があれば借りられるという事なのでしょうか。
実際親の承諾があれば、契約できる金融サービスもあります。
例えば携帯電話の契約などは、未成年者でも親の承諾があれば契約が可能です。
携帯電話の契約は、基本的に分割払い契約なので親の承諾が必要になるのです。
ちなみに、分割払いとローンは、消費者の側から見れば同じように思います。
しかし分割払いは「店舗と分割払い契約をする事」であり、ローンは「金融機関と分割払い契約をする事」というような違いがあります。

金融機関は未成年と契約してもメリットはない

このように、実際には金融機関も未成年であっても親の承諾があれば契約は可能になります。
しかし、その手間と貸し倒れなどのリスクを考えると、金融機関としては未成年と契約するメリットはないと考えているのです。
そのため金融機関では、たとえ親の承諾があったとしても未成年にお金を貸す事はしていません。

未成年でもお金を借りられるケースはあるの?

では未成年はお金を借りる事は不可能なのでしょうか。
実は未成年でもお金を借りられるというケースは、いくつか考えられますのでご紹介します。

  1. 学生ローンを利用するケース。
  2. 未成年でも結婚しているケース。
  3. クレジットカードのキャッシング枠を利用するケース。

学生ローンを利用するケース

未成年でも利用出来る「学生ローン」というサービスがあります。
大手の消費者金融では扱っていないので、基本的に中小企業が行っているサービスです。
利用には先程もご説明した通り、親の承諾が必ず必要になります。

未成年でも結婚しているケース

未成年者であっても結婚していると民法上は成人として扱われる事になります。
そのため安定した収入さえあれば、金融機関の借り入れの申し込みは可能となります。
ただし未成年者保護規定の適用はされないので、契約後に一方的な取り消しは出来なくなります。
年齢的には未成年であっても、世間からは成人として扱われるという事になりますので、もしお金を借りたのであれば毎月しっかり返して行く必要があります。

クレジットカードのキャッシング枠を利用するケース

未成年者がお金を借りる方法として、最も簡単なのはクレジットカードのキャッシング枠を利用する方法です。
クレジットカードは18歳19歳であっても、親の承諾があれば作る事が出来ます。
クレジットカードには、ショッピングで使える枠とキャッシングで使える枠があるのです。
クレジットカードの申し込み時に、キャッシング枠を希望する必要があります。

未成年者がクレジットカードの審査に通るコツ

クレジットカードの申し込みをすると審査が行われます。
その時に審査に通るためのポイントをお伝えします。

  1. 必ず本当の事を申告する。
  2. 親権者の同意を必ず取る。
  3. キャッシング枠は低い金額を希望する。

必ず本当の事を申告する

至極当然の事ですが、自分の本当の情報で申し込みしましょう。
クレジットカードの申し込みには安定した収入が必須条件となりますが、収入がないのにあると書いたり、少ない収入を水増しして書いたりというような事はしてはいけません。
もちろん未成年なのに20歳以上の年齢を書くような事も厳禁です。
虚偽の申告がわかってしまった時には、詐欺罪として逮捕されてしまう可能性もありますので、必ず自分の本当の事を申告するようにして下さい。

親権者の同意を必ず取る

クレジットカードの申し込みには、親の承諾が必要です。
承諾については、申込書に親がサインする方法とクレジットカードの発行会社が電話で親に承諾の確認を取る方法があります。
どちらの方法になるにしても、予め親の同意を得ておく事が必要です。

キャッシング枠は低い金額を希望する

クレジットカード会社によっては、キャッシングの希望する額を申し込みする際に記入するケースがあります。
一般的に未成年のキャッシング枠は5~10万円程度です。
ですからもし希望を聞かれた場合には10万円以下で申請するようにした方が良いでしょう。
未成年者があまり高い額を希望すると、それだけで審査に通れない可能性もあります。

学生にお勧めのカード

ここで未成年者の学生の方にお勧めの、学生専用のクレジットカードをご紹介します。

  1. 楽天カード
  2. エポスカード
  3. 三井住友VISAデビュープラスカード

楽天カード

未成年者が楽天カードを作る際、必ず親の承諾が必要です。
また学生でもアルバイトなどの収入がないとキャッシング枠は付けられません。
安定した収入があれば、10万円ほどのキャッシング枠がもらえます。
もし入会時にキャッシング枠が付けられなかった場合でも、後から増枠申請で付けてもらえる事もあります。

エポスカード

エポスカードも親の承諾が必要です。
アルバイトなどの収入があれば、キャッシング枠が使える可能性が高くなりますが、ケースによっては付かない事もあります。
ただしクレジットカードの付帯サービスは充実しているので、発行を検討する価値はあります。

三井住友VISAデビュープラスカード

このカードを作る時も、親の承諾がもちろん必要になります。
キャッシング枠は0~5万円までです。
アルバイトなどの収入があっても最高で5万円なので注意して下さい。
ポイント還元や付帯サービスは充実しているので、検討してみて下さい。

まとめ

未成年者がお金を借りる事について、解説して参りました。
民法の未成年者保護規定により、未成年は銀行や消費者金融などの金融機関ではお金を借りられません。
未成年者がお金を借りたい場合には、クレジットカードに付帯した枠を使って借りるというのが、最も便利で簡単だと言えるでしょう。
ただし限度額は5~10万円程度が一般的です。
また当然の事ですが借りたお金は、必ず期限内に返済するようにしましょう。
借りたお金は返さなくてはいけないというのはもちろんですが、もし延滞や滞納などをしてしまうと信用情報に記録され、20歳を過ぎたとしても金融機関からお金を借りたりローンを組んだりする事が難しくなってしまいます。
お金を借りる際には、事前にちゃんと返せるかどうかしっかり返済計画を立ててから借りるというのが最も重要な事です。


楽天カードのキャッシングで即日お金を借りられるのか?

楽天カードで即日融資は可能?

クレジットカードの中でも、楽天カードはメジャーと言っていいでしょう。
テレビコマーシャルで良く目にされる方も多いのではないでしょうか。
特にネットの楽天市場で買い物をするなど、他の楽天サービスを使われている方にはメリットが大きいカードです。

楽天カードの概要

  • 申し込み対象 … 18歳以上学生可(キャッシング枠は20歳以上)
  • ポイント還元 … 1.0~3.0%(条件によって割り増し有)
  • ポイント名  … 楽天スーパーポイント
  • 貸付金利   … 年18.0%
  • 利用限度額  … 最大100万円
  • 支払い方法  … 1回払い・2回払い・分割払い・リボ払い・ボーナス払い
  • 支払日    … 毎月末締め切り、翌月27日支払い(休日の場合翌営業日)

申し込み当日にお金を借りられる?

結論から言うと楽天カードを申し込みした日に、お金を借りる事は残念ながら出来ません。
そもそも楽天カードの即日発行も出来ないのです。
楽天カードは郵送で送られて来ます。

そのため申し込みから、カードが手元に届くまで約1週間程度は掛かります。
そしてカードが手元にない状態では、キャッシングする事も出来ないのです。
ただし、既に楽天カードを持っていて、それにキャッシング枠が付いているのであれば、お金を借りたいと思ったその日に借りられます。

またキャッシングの機能が付帯されていない楽天カードを既に持っている方は、それにキャッシングの枠を付ける申し込みをして審査が通過すれば、その日のうちにお金を借りられる可能性はあります。

楽天ネットキャッシングで借り入れ

このようにキャッシング機能の付いている楽天カードを既に持っているのであれば、ATMからすぐに借り入れ金を引き出す事が出来ます。

ただし、ATMでキャッシングした場合には手数料が掛かってしまいます。
そこでお勧めしたいのが「楽天ネットキャッシング」です。
楽天ネットキャッシングのポイントは次の通りです。

  • パソコン・スマホなどから24時間申し込みが可能。
  • キャッシングの振込手数料無料。
  • 指定日振り込みが出来る予約機能がある。

こちらの楽天ネットキャッシングは、まずは楽天e-NAVIの会員登録をして、ログインすると申し込みが出来ます。
申込みの手続きが終われば、カードの引き落とし口座に借入金を振り込んでもらえます。
平日の0時から14時59分までに振り込みの申し込みをすれば、数分ほどで振り込みが完了します。

またカードの引き落とし口座が楽天銀行であれば、時間制限はなくいつでも数分で振り込みしてもらえます。
ネットからの申し込みであるため、ATMまで足を運ぶ必要もなく、またATMの手数料も掛からないため、大変便利でお得なサービスと言えます。
また振り込み融資の日にちを指定して予約する事も出来ます。

今すぐ融資、指定日振り込み予約1回または毎月の3種類から選択出来ます。
キャッシングの際と一括で返済した際に自宅あてに利用案内が届きますが、ネットでの確認に切り替える事も可能です。

楽天スーパーローンで即日融資出来る?

楽天銀行には、「楽天スーパーローン」というサービスもあります。
こちらも残念ながら、申し込み当日の即日融資は出来ません。
さらにこちらは審査も即日対応ではないため、審査結果が来るまでに最短でも数日は掛かります。
契約後であれば、お金を借りたいと思った日に借りる事が出来ます。

振り込み融資にも対応していて、楽天銀行の口座があれば365日いつでも振り込みでお金を借りる事が出来ます。
ただし楽天銀行以外への振り込みは、平日14時45分迄に申し込みをしないと翌営業日の対応になります。

楽天カードは即日審査をしているので、カードを持っていてキャッシングの機能を付けるだけならば、そちらの方が当日お金を借りられる可能性は高くなります。
一方で金利面を見てみると、楽天カードの18.0%に対して、楽天スーパーローンは最高で14.5%と低金利です。

融資額も楽天スーパーローンの方が高いので、高額の借り入れを希望する場合には楽天スーパーローンの方がお勧めと言えます。

中小消費者金融での即日融資

安全な中小消費者金融での即日融資

急にお金が必要になったけれど、大手の消費者金融や銀行のカードローンの審査に通過する自信がない、そんな方は中小の消費者金融でお金を借りるという選択肢もある事をご存じでしょうか。
中小には、中小なりの審査基準があり、大手に比べると審査に対して柔軟に対応してもらう事が可能です。
しかし、大手の消費者金融のようにテレビコマーシャルや電車の中吊り広告などで名前を知られていないので、闇金との区別が付きにくいため、慎重に選んで申し込みをする必要があります。
こちらでは、安全に借りる事が出来る中小の消費者金融をご紹介したいと思います。

中小消費者金融の審査

中小の消費者金融では独自の審査基準を採用しています。
ですから大手消費者金融や銀行の審査に落ちてしまったという方でも、こちらでは審査に通る可能性もあるのです。

大手消費者金融や銀行と中小消費者金融の審査の違いについて

【大手消費者金融・銀行のカードローン】

  • 審査の特徴   … 初期審査はコンピューターの自動診断
  • 落ちる人の特徴 … 信用情報に問題がある。借り入れ件数が多い。

【中小の消費者金融】

  • 審査の特徴   … 人の手による審査。
  • 落ちる人の特徴 … 既に借り入れが年収の3分の1ある。

大手の消費者金融や銀行のカードローンは申し込みする人が多い事もあり、一次審査はコンピューターによる自動診断で、返済能力が低いと思われる申込者は審査に通しません。
特に過去5年以内の間に金融事故があり、信用情報機関に事故記録が載っている人は、大手の審査には通る事は出来ません。

一方の中小では、審査は最初から担当者により行われ、特に現在の返済能力の方を重視する傾向にあります。
もちろん信用情報の照会はしますが、事故記録のある方でも中小の消費者金融では柔軟な対応をしてもらえる可能性があるのです。

ただし、当然ながら誰でも審査に通れるという事はありません。
返済能力を重視するという事は、現在の年収や勤続年数などについては厳しい目で見られ、在籍確認なども厳密に行われます。

そのような理由から中小では、申し込み当日にお金を借りる即日融資は受けにくいというデメリットがあります。

年収の3分の1借り入れがあると消費者金融の審査には通らない

貸金業法の総量規制が適用によって消費者金融では、年収の3分の1を超える借入は出来ません。
そのため、既に他社で年収の3分の1までの金額を借りている人は、たとえ中小の消費者金融でも審査に通る事はありません。

これは利用者を守るための法律であり、違反した場合罰せられるのは消費者金融の会社になります。
既に年収の3分の1の融資を受けている方は、大手消費者金融や銀行のカードローンの商品である「おまとめローン」を利用するか、法テラスで債務整理の相談をする事をお勧めします。

即日融資が出来る中小の消費者金融

柔軟な審査対応の中小消費者金融をご紹介します。
まずはその特徴をまとめてみました。

【キャッシングのフタバ】

  • 全国対応 … 有
  • 来店   … 不要
  • 金利   … 14.959%~17.950%

【アルコシステム】

  • 全国対応 … 有
  • 来店   … 不要
  • 金利   … 15.0%~20.0%

【キャネット】

  • 全国対応 … 有
  • 来店   … 即日融資は必要
  • 金利   … 15.0%~20.0%

【フクホー】

  • 全国対応 … 有
  • 来店   … 即日融資は必要
  • 金利   … 7.3%~18.0%

【エイワ】

  • 全国対応 … 無
  • 来店   … 必要
  • 金利   … 17.9507%~19.9436%

全国対応来店不要で即日融資可能の中小消費者金融

ここからは具体的に中小の業者のご紹介です。
まずは来店不要で申し込み当日にお金を借りられる中小の消費者金融からご紹介します。

キャッシングのフタバ

キャッシングのフタバは創業50年以上の、健全な会社です。
審査の際には他社での融資を受けている件数に対して、特に柔軟な対応をしており、既に借りている会社が4社までであれば、フタバで融資を受ける事が可能です。

また初めての利用であれば、30日間に無利息期間もあります。
準大手と言ってもいい中堅の消費者金融と言えるでしょう。

  • 実質年利  … 14.959%~17.950%
  • 借入限度額 … 10万円~50万円
  • 審査時間  … 最短即日
  • 融資時間  … 最短即日

アルコシステム

アルコシステムは兵庫県に本社を構える会社ですが、WEB申し込みで振り込み融資が可能です。
もし申し込み当日にお金を借りたいという場合には、平日の午前中に申し込みを完了する必要があります。

アルコシステムの審査基準は柔軟で、現在返済能力があれば、問題なく借り入れできます。
無職であったり他社の返済が滞っていたりする方は審査には通る事は出来ません。
また、初回の借り入れはほとんどの場合10万円未満で適用される利率は20.0%になります。

  • 実質年利  … 15.0%~20.0%
  • 借入限度額 … 50万円まで
  • 審査時間  … 最短即日
  • 融資時間  … 最短即日

来店契約で即日融資可能の中小消費者金融

次にご紹介するのは、即日融資に来店契約が必要な中小の消費者金融の会社です。

キャネット

キャネットは、北海道と近畿地方そして九州地方に店舗を構える中小の消費者金融です。
キャネットは全国への融資に対応していますが、申し込み日に借りたい場合には、店舗に出向く必要があります。

提出書類は本人確認書類のみですが、他社からの借り入れがある方は収入証明書が必要です。
即日融資を希望する方は、予め電話で必要書類について確認してから来店する事をお勧めします。
またキャネットでは、配偶者貸し付けや年金受給者への融資も行っていています。
融資対象の広さが売りとも言えるでしょう。

フクホー

フクホーは大阪の難波に店舗がある中小消費者金融の会社です。
審査が柔軟である事が評判であり、信用情報に事故記録があっても、現在返済能力があれば審査の申し込みを受け付けてもらえます。

ただし、その分提出書類が多いという特徴もあります。
本人確認書類2点の他、収入証明書2点、住民票等が必要になります。
即日融資については、好条件が重なった場合に受けられる事もあるという程度なため、絶対に当日お金が借りたいという方には向いていないと言えるでしょう。

エイワ

エイワは関東圏を中心に、全国に22店舗あります。
WEB申し込みで仮審査までは行えますが、本審査や契約、実際の融資には来店が必須になります。
現在の返済能力に問題がなければ、信用情報に事故記録があっても、比較的柔軟に対応してもらえる事が多いようです。

ただし、エイワの特徴として金融事故を起こした過去のある方の場合、融資前に担当者が「説教」します。
実際に対面で審査を行い、貸し倒れにならないように利用者に釘を刺します。
説教さえ受ければ、信用情報に傷がある方でも少額でも融資が受けられるというのが、エイワのメリットと言えます。
逆に言えば、信用情報に問題がない方がエイワを選ぶメリットはあまりないかもしれません。

中小消費者金融での即日融資のポイント

中小消費者金融で即日融資を受けたい場合のポイントは次の5つです。

  1. 即日融資の際来店の必要があるか確認する。
  2. 申し込みは平日の午前中に行う。
  3. 本人確認書類と収入証明書を用意する。
  4. 在籍確認が出来るか確認する。
  5. 本当に安全な業者か確認する。

即日融資の際来店の必要があるか確認する

中小の消費者金融の公式HPには、即日融資可能と書いてある事が多いですが、中には即日融資を受けるためには店舗まで出向く必要があるところがあります。

中小の中にも大手の消費者金融と同じように、WEB申し込みが可能なところもあります。
24時間申し込みを受け付け、契約も来店不要、さらには振り込み融資にも対応している中小の消費者金融は沢山あります。
ただし、即日融資をしたい場合には気を付ける必要があります。
契約書類や提出書類を郵送で受け付け、確認次第融資するという中小の消費者金融は少なくありません。
それでは当然即日融資は不可能になります。

ですから、そのような業者で即日融資を希望するのであれば、店舗に出向いて契約をするより他ありません。
来店不要で即日融資が可能な中小消費者金融と言えるのは、提出書類をインターネット経由でアップロードする事が出来て、なおかつ即日振り込み融資に対応している会社です。
即日融資に来店が必要かどうか、よく確認してから申し込みするようにしましょう。

申し込みは平日の午前中に行う

中小の消費者金融で即日融資を受けたいとお考えの場合には、申し込みは午前中に済ませるようにしましょう。
どんなに遅くても13時までには申し込みが完了していなければ、即日融資を受ける事は出来ないと考えておいて下さい。

中小の消費者金融でもWEB申し込みを24時間受け付けていると所は多いですが、審査は人の手で行うため営業時間内のみの対応です。
一部の中小消費者金融を除いて、ほとんどの会社は自動契約機も用意されていないため、融資は口座への振り込みで行います。
振り込み融資は、銀行の窓口が営業している時間のみの対応になりますので、平日の15時がタイムリミットです。
そのため出来るだけ平日の早い時間、出来れば午前中に申し込みを済ませる事をお勧めします。

本人確認書類と収入証明書を用意する

申し込みをする前に、必要書類を確認する事をお勧めします。
大手の消費者金融や銀行では、本人確認書類だけで契約可能な所も多いですが、中小の消費者金融の場合には、本人確認書類の他に収入証明書が必要な所も少なくありません。
収入証明書としては、次のような書類が求められます。

  • 住民税課税決定通知書
  • 源泉徴収票
  • 確定申告書
  • 直近1、2ヶ月分の給与明細

これらのうち1点または2点が必要になります。
申し込みをする会社によって違うので、事前に確認し用意しておく事が大切です。

在籍確認が出来るか確認する

大手消費者金融や銀行では、審査の際に勤務先に担当者が電話を掛けて在籍確認するという事は広く知られていますが、中小の業者でも同じように職場への在籍確認は行われます。

審査が柔軟であったとしても、申込者が申告した勤務先で本当の働いていて、返済能力があるのかどうかは重要事項であり、そのため在籍確認は欠かす事は出来ません。
その際、勤務先の定休日などで人がいなければ在籍確認が取れない事になりますので、そうすると即日融資は不可能という事になってしまいます。
申込当日に在籍確認が取れるかどうか、事前に確認しておく事をお勧めします。

本当に安全な業者か確認する

大手の消費者金融や銀行のカードローンと違って、中小の消費者金融はコマーシャルなどで目にする事もないため、知名度がありません。

名前を聞いても、その業者が本当に安全かどうかは判断しにくいと思います。
こちらでご紹介している業者は、もちろん正規の消費者金融ですが、本当に安全な業者かどうかは、利用者本人がしっかり見極める必要があります。

大手消費者金融と中小消費者金融の違いとは

ここからは、大手消費者金融と中小消費者金融の違いについてご説明したいと思います。
大手も中小も、同じ貸金業法に則って営業している事は共通しています。
ただし細かい点でいくつかの違いがあります。
それぞれについて、メリットとデメリットは次のようになります。

大手消費者金融のメリット

  • 限度額内であれば繰り返し融資が受けられる。
  • 自動契約機で夜間や土日祝日でも契約が可能。
  • コンビニのATMから融資が可能。

大手消費者金融のデメリット

  • 信用情報に問題があると審査には通らない。

中小消費者金融のメリット

  • 審査が柔軟である。

中小消費者金融のデメリット

  • 追加で融資を受けるためには再審査が必要になる。
  • 夜間や土日祝日には融資は受けられない。
  • 平日15時を過ぎたら即日融資は不可能。

このように比べてみると、利便性や即日融資のしやすさは大手消費者金融の方に軍配があがりますが、審査の柔軟性を見ると中小の消費者金融の方がメリットがありそうです。
大手消費者金融と中小消費者金融の違いについて、もう少し詳しく見てみましょう。

カードローンとキャッシング

「カードローン」「キャッシング」という言葉は、同じように使われている事が多いですが、厳密にいうと次のように違うのです。

  • カードローン … 利用限度額内で何度でも繰り返し融資可能。
  • キャッシング … 一度融資を受けたら完済するまで追加融資は受けられない。

大手はカードローン、中小はキャッシングであるという点が、大きな違いです。
大手消費者金融のカードローンであれば、お金が必要になった時にコンビニのATM等ですぐにカードを使って融資を受けられますので利便性では上と言えます。
ただし、中小の消費者金融の中にも追加融資可能というところも存在するようです。

自動契約機の有無

大手消費者金融は、日本全国各地に数多くの自動契約機を設置していますが、一方中小の消費者金融は「セントラル」を除き自動契約機は持っていません。

また「セントラル」の自動契約機も、大手に比べれば少ない数しか存在しません。
近年消費者金融の申し込みはインターネットから可能になり、必要書類の提出もデータのアップロードが出来れば完了しますし、カードを使わなくても振り込みでの融資も受けられます。
ですから自動契約機がなくても、即日融資は不可能ではありません。
ただし、自動契約機を持つ大手消費者金融は、夜間や土日祝日にも融資が可能という点が大きく異なります。
中小の消費者金融の場合、振り込み融資は銀行の営業時間内のみの対応になります。

自動契約機を持たない中小の消費者金融では、夜間や休日の急な借り入れは出来ません。

審査の柔軟性

利便性、そして即日融資や夜間休日の融資については大手消費者金融にかなわない中小消費者金融ですが、審査の柔軟性により需要が高まっています。
カードローンやキャッシングの審査基準は、各社が独自で設定しています。
審査には中小の業者の方が柔軟に対応していると言えるでしょう。
大手消費者金融や銀行は申込者も多いため、一次審査はコンピューターで機械的に行いますので、属性や信用情報に問題があれば、即座に審査落ちとなってしまいます。

一方の中小消費者金融では、人の手によって審査を行います。
属性や信用情報に多少の問題があったとしても、現在の返済能力があるかどうか等の精査を行い、問題ないと判断されれば審査に通る事が出来ます。

正規の業者と闇金の見分け方

ここまでこちらの記事でご紹介してきた業者は、もちろん正規の消費者金融ですが、コマーシャルなどもしていないためネームバリューが低い中小の業者は、利用するのに不安になる事もあると思います。
ここからは、正規の業者と闇金との見分け方の大きなポイントは次の4つです。

  • 貸金業登録されているか。
  • 固定電話があるか。
  • ホームページの宣伝文言。
  • 電話内容や契約内容。

それぞれについて、詳しくご説明したいと思います。

貸金業登録されているか

正規な業者かどうか見分けるのに最も効果的なのは、その金融機関が貸金業登録されているかどうか調べる事です。
貸金業登を営むためには、財務局もしくは都道府県からの認可が必要です。
ですから正規の業者であれば、認可番号が公式サイトに必ず記載されているはずです。

そしてその番号が正しいかどうかは、金融庁のホームページのデータベースに照合する事で確認出来ます。
ただし、闇金というのはどのような手を使って来るかわかりません。
正規の業者の商標と番号をそのまま公式サイトに書いているようなところさえあるのです。
ですから、次からご紹介する登録番号以外の見分け方も覚えておきましょう。

固定電話があるか

貸金業を営む場合には、固定電話の設置が義務付けられています。
ですから、公式サイトに載っている電話番号が携帯の番号である場合には、闇金である可能性が高くなります。
ただし、最近は固定電話の番号から携帯へ転送するようなサービスもあり、固定電話だからという理由だけでは、闇金ではないと判断する事は出来なくなっています。

ホームページの宣伝文言

「審査なしで即日融資」
「ブラックや無職でも融資OK」
このような宣伝の文言は、正規の金融機関では絶対にあり得ません。
ですからこのような誇大広告と言えるような文言のある公式サイトの業者は、闇金と考えてよいでしょう。
正規の業者は法令を遵守しています。

無理な貸し付けをすれば貸し倒れになり、損をする事になりますから、返済能力のない人に融資をする事はありません。
一方、闇金は違法な取り立てをしてでも、貸したお金は回収しようと考えていますから、返済能力にかかわらず融資を行うのです。
そのような闇金は利用すると大変な事になります。
甘い文言に誘われて利用するような事は絶対にしてはいけません。

電話内容や契約内容

このように、貸金業登録番号を偽って、固定の電話番号を記載しているような闇金があったら、一見正規の業者とは見分けがつきません。
もしも既に契約してしまったような場合、電話での会話の内容や契約内容で闇金かどうか判断する必要があります。

例えば電話で「融資するには前金が必要です。」「先に1万円振り込んでくれれば5万円融資します。」等と、申込者から先にお金を受け取ろうとするような会話があれば、それは間違いなく詐欺ですから、すぐに連絡を絶つようにして下さい。
さらに「保証料込みで融資」と謳っている業者も闇金の可能性が高いです。
また正規の業者は法令を守っているので、年利20%を超える金利では融資をする事はありません。
ですから年利20%以上の利息で融資しようとする業者は間違いなく闇金です。

お金がどうしても必要で、どこからも借りられないというような場合、甘い言葉に誘われてしまいそうになるかもしれませんが、闇金を利用したら後々の人生にも影響する事になります。
しっかりと正規の業者か闇金かを見極めて、絶対に闇金を利用しないようにして下さい。

プロミスの即日融資の方法と審査に通らない人の特徴

プロミスは、平日の午後1時までにWEBで申し込みをすると、スピード審査によって振り込みによる即日融資が可能です。
また平日の13時以降や、土日祝日の申し込みであっても、自動契約機でカードを発行する事によって、ATMから即日借り入れが出来ます。

さらに、三井住友銀行もしくはジャパンネット銀行にご自分の口座を開設されている方であれば、24時間振り込みにより借り入れが可能です。(メンテナンス時間を除く。)
そんな便利なカードローンですが、融資を受けるには当然審査を通過する必要があります。

こちらでは、プロミスで即日融資を受けるためのポイントや注意点、そして審査に不安をお持ちの方に向けて審査落ちする人の特徴をご紹介します。

プロミスで即日融資を受けたい場合の申し込み締め切り時間

プロミスに融資を申し込んで、その日のうちにお金を借りたいとお考えの方は、どんなに遅くても夜の8時間までには審査の申し込みを済ませるようにして下さい。
その理由は、プロミスが審査を行う時間は朝の9時から夜の9時までだからです。

夜の9時までに審査結果を受け取れる時間に、申し込みをする必要があるのです。
プロミスは最短30分で審査を行い、早ければ申し込みから借入金を受け取るまでに掛かる時間は1時間程度です。
ですから締め切りの1時間前の夜の8時までに申し込みを済ませれば、その日のうちにお金を借りる事が出来る可能性が高くなります。

急いでいるならネット申し込み

すぐにお金が必要で急いでいる方は、ネットからのWEB申し込みをご利用下さい。
パソコンやスマートフォン、携帯電話から24時間申し込み出来ます。

平日にWEB申し込みを行い、その日の午後2時50分までに契約が完了すれば、郵送物など一切ないWEB完結で当日中にお金をご自分の銀行口座に振り込んでもらえます。
また土日祝日を含めて、20時までにWEB申し込みをすれば、お近くの自動契約機でカードを受け取る事によって、当日中にATMからの借入が出来ます。

WEB申し込みをする際は、プロミスの公式サイトの新規申し込みをクリックして手続きを行います。
「フル入力」か「カンタン入力」を選ぶ事が出来ますが、お急ぎの場合にはフル入力の方が結果的に早く進みます。
なぜならカンタン入力は、入力項目は少ないものの後で担当者からの電話で確認事項があり、かえって時間が掛かるのです。

ただし、何らかの相談したい事等がある場合には、担当者と直接話が出来るカンタン入力を選んでも良いと思います。

プロミスで即日融資を受ける流れ

プロミスでの借入方法は、大きく分けて3種類あります。

  • 振込キャッシング
  • 瞬フリ
  • ATM

それぞれの特徴は次の通りです。

【振込キャッシング】

  • 利用条件 … 平日の14時50分までに契約を完了させ振り込み依頼をする事。
  • 特徴   … お持ちの銀行口座に振り込み融資。

【瞬フリ】

  • 利用条件1 … 三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座を持っている事。
  • 利用条件2 … 22時までに契約を完了して振り込み依頼。
  • 特徴1   … 三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座に10秒で振込融資。
  • 特徴2   … メンテナンス時間を除き24時間振り込み可能。

【ATM】

  • 利用条件 … 22時までに自動契約機でカードを受け取る事。
  • 特徴1  … コンビニなどの提携ATMで24時間融資可能。
  • 特徴2  … プロミスATMや三井住友銀行ATMなら手数料無料。

来店せずに振り込みで即日融資を受けたい場合には、振り込みキャッシングが瞬フリを利用しましょう。
夜間や土日祝日などにお金を借りたい方で、三井住友銀行やジャパンネット銀行にご自分の口座がない方は、自動契約機でカードを受け取って借り入れを行って下さい。

振込キャッシングで即日融資を受ける流れ

  1. 平日の13時までにフル入力で申し込み、契約手続き方法は「WEB」を選択する。
  2. ネットで必要書類のアップロードし、送信する。
  3. 審査。
  4. 返済方法を選択して契約する。
  5. 会員サービスのページにログインして、振込キャッシングを依頼する。

振込キャッシングは、ご利用の金融機関によって異なります。
24時間振り込み可能の金融機関もありますが、銀行の営業時間内のみ振り込みという金融機関もあります。
営業時間内のみ対応の場合には、審査に時間が掛かってしまうと振り込みは翌営業日になってしまう事も考えられるため、出来るだけ早い時間帯に申し込みを完了するようにしましょう。

返済方法は「口座振替」または「ATMからの返済」を選ぶ事が出来ます。
ATMからの返済を選んだ場合と、カードの郵送を希望した場合には、後日郵送で自宅宛に書類やカードが届きます。

瞬フリで即日融資を受ける流れ

  1. 20時までにフル入力で申し込み、契約手続き方法は「WEB」を選択する。
  2. ネットで必要書類のアップロードし、送信する。
  3. 審査。
  4. 返済方法を選択して契約する。
  5. 会員サービスのページにログインして、振込キャッシングを依頼する。

瞬フリはメンテナンスの時間を除いて、365日24時間依頼から約10秒で振込されるサービスです。
プロミスが審査の結果を回答する21時までに審査結果を受け取り契約が出来れば、その日のうちに融資を受けられます。
【メンテナンス時間】

  • 三井住友銀行    … 毎週日曜日21時から翌月曜日7時迄
  • ジャパンネット銀行 … 毎週月曜日0時から7時迄

ATMで即日融資を受ける流れ

  1. 20時までにフル入力で申し込み、契約手続き方法は「来店」を選択する。
  2. 審査の結果を確認し、自動契約機に行く。
  3. 必要書類を提出し契約書類を作成する。
  4. その場で発行されたカードを使い、ATMで借り入れをする。

自動契約機がお近くにあれば、土日や夜間であっても当日中にカードを発行し融資を受けられます。
必要書類を持参し手続きを行うと、契約書類が作成されます。

20時ギリギリに申し込みをした場合には、審査結果を自宅で待ってから自動契約機に移動したのでは間に合わなくなる可能性もあります。
そういった場合には、申し込みをしたらすぐにでも自動契約機に移動を開始した方がスムーズです。

三井住友銀行ローン契約機

三井住友銀行の中に置かれているローン契約機でも、プロミスの契約やカードの受取りが出来ます。

消費者金融の店舗に入るのを戸惑われる方、あるいはお近くにプロミスの自動契約機がない方は三井住友銀行にあるローン契約機をお使いになるとよいでしょう。
営業時間は次の通りです。

  • 自動契約機(プロミス)    … 9時から22時(一部店舗は21時まで)
  • ローン契約機(三井住友銀行) … 9時から21時(契約機によって違いあり)

プロミスは土日も審査

銀行での融資の審査は、基本的に銀行の営業時間のみの対応になりますが、プロミスは土日祝日も営業しており、審査も21時迄行っています。
ただし、1点気を付けないといけない事があります。
それは審査の過程で行われる在籍確認です。

土日祝日の在籍確認

申込者が申告した勤務先で実際に勤務しているかどうかを、担当者が電話で確認するのが在籍確認です。
申込者が電話に出る必要はなく、対応した人が「本日はお休みをいただいております。」などと答えるだけでも問題ありません。

ただし、勤務先自体が休業で電話がつながらないと、在籍確認は行えませんので審査も完了しない事になってしまいます。
プロミスでは事前に担当者に相談すると、電話以外の方法を提案してもらえる事もあります。
職場がお休みで在籍確認が出来そうもないという場合には、申し込みをした後にプロミスコールに電話して相談してみるとよいでしょう。

即日融資を受けるための注意点

プロミスで即日融資を受けようとお考えの方は、次の4点に注意して下さい。

  1. 申し込みはできるだけ午前中に終わらせる。
  2. 必要書類は事前に準備しておく。
  3. 本人確認の電話には出る。
  4. スムーズに審査に通る工夫をしておく。

それぞれについて、具体的に解説します。

申し込みはできるだけ午前中に終わらせる

プロミスで申し込み当日にお金を借りたいと思ったら、出来るだけ午前中に申し込みを終わらせると、その日のうちにお金を借りられる可能性が高くなります。
特に振り込みでの融資を希望する場合には、銀行の営業時間内に契約を完了する必要があります。

必要書類は事前に準備しておく

プロミスの申し込みには、次のような本人確認書類の提出が必要になります。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証

本人確認書類に健康保険証を使う場合には、あわせて現住所がわかる書類が必要となり、さらに自動契約機または店頭窓口での契約が必須となって来ます。
また収入証明証が必要な方もいらっしゃいます。

  • 借入希望額50万円以上の方。
  • 他社の借入金を合わせて100万円以上になる方。

収入証明証には次のような書類が求められます。

  • 前年分の源泉徴収票
  • 前年分の確定申告書
  • 直近2ヵ月の給与明細書・1年分の賞与明細書

さらに外国籍の方は、在留カードか特別永住者証明書が必要です。

本人確認の電話には出る

プロミスに申し込みを行うと、審査前に本人確認の電話が掛かって来ます。
これは在籍確認の電話と異なり、本人が必ず出る必要があります。
かかってくる電話は自分で指定出来ます。

またカンタン入力を選んだ場合には、掛かってくる時間帯を指定する事も可能です。
確実に自分が電話に出られるようなタイミングで申し込みをするようにしましょう。

スムーズに審査に通る工夫をしておく

午前中に申し込みを済ませても、審査に通らなければ当然お金は借りられません。
審査に通らない理由として、会社への在籍確認が取れないという事や、信用情報に事故記録があるというような事が考えられます。
また申し込みの際に、希望の借入限度額を訊ねられますが、その額が高額であると審査に時間が掛かります。
収入がある程度ある方でも、希望額は30万円程度にしておいた方が審査にはスムーズです。

プロミスの審査基準と審査に通らない人の特徴

プロミスの無担保ローンの審査に通って契約まで至る率は、45%程です。
プロミスの無担保ローンとは、カードローンを含む無担保での貸し付けの事です。
この数字を見ると申込者の半分以上は、お金を借りられていないという事がわかります。

プロミスでは審査基準は公表していません。
しかし特徴としては、次のような人は審査に通らないようです。

  • 信用情報に事故記録がある。
  • 他社での借入額が年収の3分の1に達している。
  • 他社借り入れの件数が5件以上ある。
  • 在籍確認が取れない。
  • 複数社に短期間に申し込みをしている。

それぞれ、具体的に解説します。

信用情報に事故記録がある

信用情報というのは、ローンやクレジットカードの契約取引状況の記録です。
これらの情報は、信用情報機関が管理しており、金融機関は申し込みがあった人の情報を照会して、これまで事故記録がないかどうかを確認します。
返済の遅延や延滞、債務整理や自己破産など、なんらかの金融事故があると、その内容によって最長で10年間記録される事になります。
その記録が消えるまでは、金融機関の審査に通る事は難しくなります。

他社での借入額が年収の3分の1に達している

プロミスをはじめ、消費者金融の会社は貸金業法という法律を守る義務があります。
その法律の中の「総量規制」では、年収の3分の1以上のお金を貸してはいけない事になっています。

例えば年収が300万円の人は100万円以上のお金は、消費者金融では貸す事は出来ません。
全ての消費者金融からの借り入れを合算した額になるので、既に他社での借り入れが年収の3分の1に達している人は、プロミスに申し込みをしても審査に通る事は出来ません。

ただし、銀行からの借入や住宅ローン、クレジットカードの買い物枠は総量規制には関係しません。

他社借り入れの件数が5件以上ある

既に5社以上の会社からお金を借りている人は、審査には通りにくいと言っていいでしょう。
借入金の額よりは件数が重視される傾向なので、複数の借入がある方はおまとめローンなどで1本にしてから、プロミスに申し込みをするとよいかもしれません。

在籍確認が取れない

プロミスの審査は、申込者の勤め先に電話を掛けて、在籍しているかの確認を行います。
本人が出るか、もしくは電話口に出た人の応答から申込者が本当に在籍しているという事がわかれば、それで完了します。

会社に固定電話が設置されていない場合や、電話の取次ぎを行っていない場合、または申込日が休業日の場合などは、事前にプロミスの担当者に相談しましょう。
相談せずに在籍確認が取れないと、審査に落ちてしまう可能性があります。

複数社に短期間に申し込みをしている

カードローンの申し込みをすると、信用情報機関には6ヵ月間記録が残ります。
短い期間にいくつもの消費者金融などに申し込みの履歴があると、返済能力が低いと判断され、審査に落ちる可能性が高くなります。

ですから他社に申し込みをした事のある方は、6ヵ月経過してから新たな申し込みをするようにしましょう。
ここまでにご紹介した内容に該当しなくても審査に落ちる可能性はありますが、該当すればより審査に落ちやすいという事です。
申し込みする前に、今一度ご自分の状況を確認するようにして下さい。

新着記事

新着記事

PAGE TOP